香川県といえば、「うどん県」としてあまりにも有名だ。

香川県を訪れる人の多くは、まず、本場の讃岐うどんの味を味わうことになる。

なかには地元の人で賑わう専門店で、ある種のカルチャーショックを感じる人もいるはずだ。たしかに、ここには独自の「うどん文化」があるようだ。香川県=「うどん県」......、まったく異存はない。

そんな香川県で、とある幟(のぼり)がなぜか目立つ、という噂がツイッター上をザワつかせている。

その幟とは、これだ。

(画像提供:日本郵便株式会社四国支社、編集部で一部加工)

赤い地色に白抜きの文字で、「うどんを送るなら ゆうパック」と、記されたシンプルデザイン

前述したように、香川県が「うどん県」というのには何の疑いもないが、「うどんを送るなら ゆうパック」というフレーズに、ツイッターでは

「むしろ、送れるんだ...」
うどんを...ゆうパックで...???」
「香川以外では無さそう」

など、驚きの声が上がっている。

こののぼりはいったい何者なのか?

Jタウンネット記者は日本郵便の四国支社に取材した。

約10年前から「うどんを送るならゆうパック」

(画像提供:日本郵便株式会社四国支社、編集部で一部加工)

Jタウンネット記者の取材に応じた日本郵便四国支社の経営管理・広報担当によると、「うどんを送るなら ゆうパック」の幟を制作したのは2012年頃だったという。なんと10年ほど前のことだった。

幟を制作した目的を聞くと、「地元の特産品であるうどんゆうパックで送ってもらうことの周知」と答えた。香川県内のほとんどの郵便局に幟を掲出したという。

これは、地元の特産品を送るのに「ゆうパック」を利用してもらおうという、日本郵便の全社的な施策の一貫。全国各地で、「〇〇を送るなら ゆうパック」という幟が作られ、各郵便局で掲出されたはずだ、とのこと。

昨年来のコロナ禍で、観光客は減少しているだろうから、香川県内のうどん業界や土産物店も苦戦中のはずだ。

うどんを送るなら ゆうパック」はそのためのプロモーションかとも思ったのだが、どうやらJタウンネット記者の邪推だったようだ。

「十年一日」のごとく、香川県では「うどんを送るなら ゆうパック」らしい。

「うどんを送るならゆうパック」 香川の郵便局に掲げられた「のぼり」に反響