子供・赤ちゃん・姉twinsterphoto/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

乳幼児2人だけを置き去りにし、4日にわたり自宅を留守にしていたシングルマザーの女。その間に生後11ヶ月の赤ちゃんが死亡し、逮捕・起訴されていた。

このほどその裁判が行われ、母親に実刑判決が下ったことをオーストラリアの『7News』、イギリスの『The Sun』などが報じている。


■祖母が自宅を訪問

事件は2019年ロシア・南ウラル地方のチェリャビンスク州にあるズラトウースト市で起きた。ある女性による「子育て中の娘と突然連絡がつかない。暮らしているアパートに行ってみたところ、孫2人がぐったりとして動かない」という通報で、発覚した。

救急車が駆けつけるも、生後11ヶ月の男の子ベビーベッドですでに絶命。3歳の女の子もぐったりしており、極度の脱水と栄養失調で集中治療室に運び込まれたが、その後に回復した。


関連記事:母親が夜遊び中に大火災 脱出不可能な家で焼死した3児の遺体に医師も嗚咽

■母親は4日間パーティ三昧

室内には離乳食はもちろん、食料品がほとんどない状態で冷蔵庫空っぽだった。子供たちの母親であるオルガ・バザロワ(25)は、自宅に帰宅すると同時に警察官に取り囲まれ、我が子に対する育児怠慢・放棄、過失致死の疑いで逮捕された。

オルガ容疑者は、幼い我が子2人を置き去りにしたまま4日にわたりアパートを留守にし、友人とパーティに行き、ひたすら飲酒にふけっていたことを認めたという。

■子供たちの父親は服役中

事情聴取のなかで反省と後悔の言葉を口にしたオルガ容疑者だが、「近所に暮らすおじに『留守にするから子供たちの面倒を時々見に行って』とお願いしたのに」と不満をもらしていた。

おじについても捜査が行われたが、責任を問われることはなかった。なお、子供たちの父親である夫のレオニド・バザロフは刑務所に服役中で、すでに子供たちの親権を失っていたという。


■知人に預けられた長男は無事

7日、チェリャビンスクの地方裁判所でその裁判が開かれ、懲役14年の実刑判決が下ったオルガ被告は刑務所へと送られた。3歳の娘と生後11ヶ月の息子のほかに、オルガには7歳の長男がいたが、違う男性との間にできた子供で、知人宅に預けられていたため無事だった。

オルガの逮捕後、長男と長女は祖母が世話をしていたが、彼女の服役が決まると児童養護施設に預けられたという。

・合わせて読みたい→20代美人講師が3歳娘の前で男子高校生と肉体関係 法廷でもあきれた供述を連発

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

20代母親が乳幼児2人を4日間置き去りでパーティ三昧 1人が死亡し実刑判決に