毒性が強いガラガラヘビは、自身に危険が迫ると尻尾を立て、激しく震わせることで音を出す。そんなガラガラヘビに攻撃されそうになった米カリフォルニア州18歳の男性が『NBC 7 San Diego』のインタビューに応じ、飼い犬の咄嗟の機転で命を救われたことを明かした。

カリフォルニア州サンディエゴに住むアレックス・ロレドさん(Alex Loredo、18)は先月26日、ラブラドール・レトリバーの“マーリー(Marley、7)”と一緒に自宅でテレビを見ていた。

家の外では洗濯乾燥機を回しており、終了のブザーを聞いたアレックスさんが裏戸を開けて外に出ると「ガラガラ」という大きな音が聞こえてきた。

それは強力な毒を持つガラガラヘビで、30センチほど離れた机のすぐ下で尻尾を震わせてアレックスさんに襲い掛かろうとしていた。

するとその時、すぐ後ろにいたマーリーが裏戸から飛び出し、アレックスさんを押しのけるとガラガラヘビの前に立ちはだかった。

アレックスさんは「マーリーは僕とヘビの間に体を入れると、ヘビを掴もうとしたんだ。そしてヘビに2度も噛まれた。舌と首をね。全てがあっという間だった。辺りは血が飛び散って、マーリーは地面に突っ伏すと痛みで鳴いていたよ」と当時を振り返り、こう続けた。

「僕の頭に最初に浮かんだのは『ベストフレンドが死んじゃう』ってことだった。パニックで頭が混乱し、心臓がバクバクしていた。」

「僕は必死で自宅から約8キロ先のクリニックに車を走らせた。でも抗毒素がなく、そこからさらに25分離れた病院に向かったんだ。」

「その間、マーリーの顔はどんどん腫れて呼吸も苦しそうだった。吐血も始まり『もうダメなんじゃないか』って思った。でも病院に電話してマーリーの様子をあらかじめ伝え、到着するとすぐに治療が始まったんだ。医師は2回に分けて抗毒素を注射したけど、『かなり危険な状態だ』と言われて僕はどうにかなりそうだったよ。」

その後なんとか山を越えたマーリーは、2日間の入院を経て自宅に戻ることができた。しかしながら舌と顎の神経に損傷があり、今後は薬の服用と週1回のセラピーが欠かせないという。

アレックスさんは「入院中は気が気でなかったよ。マーリーは僕が11歳の時にやってきて、肥満で健康に問題があった僕をずっと支えてくれたんだ。2日間も離れて過ごしたことがなかったし、本当に心配したよ。でも2週間かけてゆっくり回復し、最近になってやっと遊び心が戻ってきたね」とホッとした様子で語り、「マーリーこそ僕の命の恩人。ヒーロー犬だよ!」とベストフレンドの勇気を称えた。

ちなみに今年2月にはオーストラリアで、飼い猫が2人の幼い子どもを守って犠牲になったことが伝えられた。猫を噛んだのはイースタンブウンスネークで、人間が噛まれれば数分で倒れてしまうという。

画像は『GoFundMe 2021年6月12日付「Marley the Hero」』『NBC 7 San Diego 2021年6月13日付「Heroic Dog Survives Rattlesnake Bite After Stepping Between Owner and Serpent」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト