杉村太蔵(写真提供:JP News

21日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、杉村太蔵が「電話不要論」に異論を唱えた。


■電話不要論を紹介

番組は「電話不要論」を紹介。経済評論家はその理由について、「受ける側の都合とは無関係にかける側のタイミングで会話を強要することは失礼で迷惑」と説明していると報じる。

また、「証拠が残らない」「要点が伝わりにくい」とデメリットを挙げ、「事前にメッセージを送り打診を入れてから電話するのがビジネスマナーであってほしい」「電話はできるだけ使わないというビジネスマナーが早急に確立され、広く普及することを願うと持論を展開している」と紹介した。


関連記事:フワちゃん、自身にコスプレした杉村太蔵に「結構すき」 高い完成度が好評

■杉村と遠野が反論

杉村は電話不要論について、「出なくていいんですよ。折り返していただければ。ご都合やタイミングが悪ければ折り返していただければ。そんなにカリカリしちゃダメだと思うんですよ」とコメント

遠野なぎこも「電話はなきゃダメだと思います。メールだと何かしら誤解を生むんじゃないかっていうのがあって。また書き直したり、長文になってしまったりというのがあるから」と必要性を語る。

また、「(電話は)嫌いですよ、個人的には大嫌いで、ドキドキしちゃうんだけど、必要だと思います。若者の意見ですよ、これ(電話不要論)は」と話した。

■ふかわは新たなマナーを提唱

ふかわりょうは「電話するなら、事前に一報を入れておくっていうのも、1つのマナーになりつつありますよね」と語る。

電話必要論者の杉村も事前連絡を入れるようにしていることを明かしたが、『バラいろダンディ』のスタッフに電話する旨を書いたメールを送ったところ、返事がなかったとのこと。

それでも「ちょっと一言、このテーマについて聞きたいっていうことで、(連絡を)投げとくっていうのは、ある(必要)かもしれないですね」と話した。


■4割は「突然の電話は非常識」

メールの普及で、電話の重要度が下がっている感のある昨今。とくに「事前連絡のない電話」については、「非常識」という考え方が広がりつつあるようだ。

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,653名を対象に実施した調査でも、38.7%が「突然の電話は非常識だと思う」と回答した。


突然の電話は非常識だと思うグラフ

「電話不要論」については賛否両論だったが、ふかわと杉村が提唱した「電話の前にメールで連絡がマナー論」は視聴者からも賛同の声が多く上がっていた。

・合わせて読みたい→杉村太蔵、緊急事態宣言解除に理解 橋本マナミは反論も楽観貫く

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年8月9日2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)

杉村太蔵、電話不要論に「カリカリしちゃいけない」と異論 事前連絡には理解