株式会社シャインは、組み立て式の家庭用ゲーム筐体ARCADE1UP OutRun」2021年8月に発売すると発表した。価格は9万6800円(税込)で初回販売数は限定250台。次回の入荷は未定となっている。

 「ARCADE1UP OutRun」は家電量販店や玩具・雑貨取扱店、販売サイト「シャインダイレクト楽天市場店」で取り扱う。

 「ARCADE1UP OutRun」はアーケードアウトランが家庭で楽しめる筐体だ。ステアリングシフトレバーターボボタンアクセルブレーキペダルを搭載。ゲームセンターさながらの操作感でゲームを楽しめる。

 『アウトラン』だけでなく、ターボアウトランアウトランナーズ』パワードリフトの4本を収録。これらはすべて海外版仕様となる。

 パッケージサイズは幅121cm×高さ60cm×奥行17cm、総重量は51kgとかなりの大きさ。組み立て後の本体サイズは幅47cm×高さ116cm×奥行57cm、ベンチシートは幅50cm×高さ47cm×奥行98cm。それなりの部屋の大きさが求められ、必ず2人以上で組み立てるように注意書きがされている。

 株式会社シャインは、今後もARCADE1UPシリーズの国内展開を行う予定だという。

株式会社シャイン「ARCADE1UP OutRun」ページはこちら
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。