腕を組むビジネスマンmetamorworks/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分は仕事ができると勘違いして、他人を見下すような人にはイラッとするものだ。そこで、しらべぇ取材班が「仕事ができると勘違いしている人がやっている最悪な仕事術」について聞いた。


(1)電話にまったく出ない

「会社の同期は、仕事を終わらせるのが早いことをよく自慢しています。そう言われると仕事ができそうに聞こえますか、まったくそんなことはなくて…。


その同期は自分が処理する仕事を優先するために、まったく電話に出ません。職業柄、今でも電話対応は大切な仕事です。それを放棄しているのに偉そうにするのは、どうかと思います」(20代・女性)


関連記事:休日の邪魔をしないで… 業務時間外に上司からきたイラッとしたLINE

(2)後輩に仕事を丸投げ

「同じ部署の先輩は、自分が追い込まれたときに仕事を押し付けてくるんです。もちろん困ったときには、お互いに助け合うのが仕事では大切だと思います。


ただ先輩の場合は自分が困っているのに、偉そうなんです。『こんな仕事もやっておいたほうがいい』と、上から目線ですべてを押し付けてくるのでイラッとしてしまいますね」(20代・男性)

(3)自分よりできない人を見下す

「会社の後輩は、それほど仕事ができるタイプではありません。しかしそのことを認めたくないのか、自分よりさらに仕事ができない人を見下すことにより自尊心を保っているんです。


そんなことをしていても、スキルアップは望めません。人を見下すことよりも、自分を磨いて向上していくべきなのに…。なにより聞いていて不愉快なので、やめてほしいですね」(30代・女性)


(4)業務をこなさず上司にこびる

「会社に、業務にはあまり力を入れずに上司にこびている後輩がいます。仕事もがんばってくれたらいいのですが、今の状況では他の人に負担がかかってしまって…。


しかも上司にも仕事がおろそかになっているのがバレているために、こびているのに気に入られていないというかわいそうなことになっています。もう諦めて、素直に仕事をこなすべきですよね」(30代・男性)


勘違いせずに、やるべきことをきちんとこなすべきだろう。

・合わせて読みたい→「これを食べて元気出して…」 会社で泣いたときにされた対応4選

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

他人に業務を押し付け… 仕事ができると勘違いしている人のドン引き仕事術