結婚式直前に婚約者の女性と別れることになり、家から出て行った彼女が残していったウェディングドレスネットで販売した男性。美しいデザインドレスに興味を持ったある女性が、メッセージで「試着したイメージ画像はある?」と尋ねた。今すぐにこのドレスを手放したかった男性は、なんと自分が試着した画像を送ったのだ。自らを「タトゥーのあるマッチョな男」と表現する男性のその姿に、笑いの声が寄せられている。『9Honey』などが伝えた。

アメリカ在住で過去に米軍に従事していたというモーガンマクラウドさん(Morgan Macleod、29)は、「見るのもうんざり」と思っていた元婚約者のウェディングドレスネットで売ってお金にしてしまおうと考えた。

モーガンさんは商品説明欄に「“メリッサスイート”のウェディングドレスを、500ドル(約5万5千円)でお安く譲ります」と書き、ハンガーに掛けたドレスの写真も一緒に投稿したという。

メリッサスイートは、ウェディングドレスブランドの1つだ。700~1000ドル(約7万7千~11万円)の価格のものが多く販売されているため、今回の値段設定は良心的なものと言える。そしてこのウェディングドレスにサラさん(Sarah)という女性が興味を抱き、モーガンさんにダイレクトメッセージを送った。

「誰かがこのドレスを着て写っている写真はありますか? 私の考えていた予算内でとても気に入っているのですが、着た時のイメージが湧かないのです。」

このメッセージを受け取ったモーガンさんだが、彼女と別れたばかりで独り身だったため、試しに着てもらう女性が近くにいなかったという。友人を頼るという選択肢もあったが、一刻も早く売りたかったモーガンさんは、サラさんに「私が着てみてもいいなら、それは可能です。ただ私はマッチョタトゥーだらけなので、どんな見た目になるか分かりませんよ」と冗談交じりに返信した。

これに対しサラさんは、「問題ないですよ」と笑って返事をしたという。まさか快諾されるとは思ってもいなかったモーガンさんは「本当に僕が着てもいいんですか? とりあえずサイズが合うかどうか見てみるよ」と驚きながらも期待に応えようとした。

サラさんは「購入は急いでいないので、もし誰か他の人に着てもらいたいのならそれでも構いませんよ」と返信しているが、モーガンさんは実行に移した。そしてモーガンさんがサラさんに送った画像がこちら。

オフショルダーのドレスからはガッチリとした肩が覗いており、大きく入ったスリットからはきめ細やかなデザインタトゥーがばっちり写っている。見事に着こなしていると思いきや、さすがに後ろのファスナーは閉まらなかったようで、背中のタトゥーが全て見えるほど大きく開いたままだった。

モーガンさんはこの姿をTikTokに投稿すると、今月22日の時点で7万件以上の「いいね」を集めており、フォロワーからは「これは面白い」「私だったら絶対買うよ」「思わず笑っちゃったけど、モデルになれるんじゃない?」「本当に着るなんて優しすぎる」など笑いや驚きの声が届いた。

ちなみにモーガンさんのこの努力にもかかわらず、サラさんは結局このドレスを購入しなかったそうで、コメント欄では「サラさんに遊ばれたんだよ」「多分モーガンさんが似合い過ぎていたから、自分が上手く着こなせるか自信が無くなっちゃたんだね」とジョークを飛ばすコメントや「こんな面白い写真をもらったのに、なんで買わないの!?」と驚く声が寄せられた。

画像は『Morgan 2021年5月28日TikTok「#anxiety #dog #FriendsReunion #anxiousdogsoftiktok」、2021年6月7日TikTok「#weddingdresses #whyamilikethis #Ugotthat #stillwhite #weddingdres」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト