コンビニなどで手軽に入手でき、集中力の維持や眠気の解消などで人気を集めているエナジードリンクイギリスの男性はエナジードリンクを1日に最大12本も飲む生活を1年間続けたところ、数年前に心臓発作を起こしてしまい、生涯薬を飲み続けなければならない身体になってしまった。そんな男性は、学校で購入したエナジードリンクを手にする10歳の我が娘の姿を発見し、慌てて取り上げたという。男性は身をもって経験したエナジードリンクの危険性を『Hull Live』のインタビューで説明し、大人だけでなく娘のような幼い子どもに対しても警告している。

イギリス東部キングストン・アポン・ハル在住のリー・カメンさん(Lee Kamen、53)は1日に8~12本のエナジードリンクを1年間飲み続けた結果、2017年に心臓発作を引き起こしてしまった。

リーさんはお酒を飲まず喫煙者でもなかったことで、担当した医師は心臓発作の原因が分からず困惑したという。しかしリーさんが大量のエナジードリンクを飲んでいることが発覚し、それが原因だと判明したのだ。

リーさんは当時の生活を、「“レッドブルRed Bull)”とか“モンスターエナジーMonster Energy)”をスーパーで24缶入りのケースで購入し、他の飲み物と同じように飲んでいたよ。仕事が忙しくて、頑張って働くために飲んでいたんだ」と明かしている。

そして心臓発作で倒れ、手術で心臓の血管を広げるステントを入れたリーさんは「これらの危険な飲み物のせいで、私は一生薬を飲み続けなければならないのです」と後悔を語る。

医師にエナジードリンクが心臓発作の原因だと指摘されるまで、身体に悪い物だと思っていなかったというリーさんは「当時は大きなショックを受けましたが、今では深刻な問題として考えていますよ」と話す。

それからは大人だけでなく子どもたちにもエナジードリンクの危険性を説いてきたリーさんはある日、10歳の娘であるサマーちゃん(Summer)がモンスターエナジーの缶を手にして学校から帰ってきた姿を見て驚いたという。

サマーちゃんから「学校の近くで買った」と聞くとリーさんはすぐにそれを捨て、この件を学校に連絡した。学校側もリーさんからの連絡を受け、すぐに保護者宛てのメールで「糖分やカフェインの含有量が多い飲み物は、子どもたちの行動や体調に支障をきたす可能性があるので、飲ませないようにしてください」と注意を促した。

カフェインの摂取量については、日本を含め多くの国で妊婦に対する推奨量しか設けられていないが、カナダ保健省(Health Canada、以下HC)では年齢別に子どもに対しても明確な数値を示している。

HCによると、1日の最大カフェイン摂取量について4~6歳は45mg、7~9歳は62.5mg、10~12歳は85mgとのことだ。カフェイン45mgは355mlのコーラ1缶、またはコーヒー約0.5杯分に相当する。

これに対し、モンスターエナジーの通常サイズである355ml缶にはカフェイン120mgも含まれている。1本飲んだだけで1日の推奨量を大きく上回ってしまうのだ。

リーさんはこれを踏まえ、「大規模なスーパーや小さな店にかかわらず、子どもエナジードリンクを販売するべきではないと思います」と強調した。

かつてイギリスでは、16歳未満へのエナジードリンク販売を禁止する法律が提案されたが、現時点でこの法律はまだ成立していないという。

リーさんの今回の件について、「適量って大事だ」「検索してみれば、エナジードリンクカフェイン量の多さに驚くよ」「エナジードリンク中毒性があるのも問題だよね。1日に数缶は飲まないとやってられないって人が周りにいるよ」などの声があがっており、エナジードリンクを問題視する人が多数見られた。

一方で、「1日12缶を1年間も続けたなんて、自己管理がなっていないだけ。エナジードリンクは悪くない」という意見もあがっている。正しい知識を得る機会がなく大人になった人や、まだそうした機会に出会っていない子どもたちにとって、その危険性を理解するのは難しい。安全な飲み方を周知していく必要がありそうだ。

画像は『Hull Live 2021年6月18日付「Hull dad had heart attack after guzzling 12 cans of energy drink every day for a year」(Image: Hull Live)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト