韓国政府は、新型コロナウイルス感染症対策として厳格に運用していた飲食店の営業時間制限や入国者の隔離措置などを2021年7月1日午前零時から緩和する。

JBpressですべての写真や図表を見る

 新規感染者が安定的に推移しているうえ、ワクチン接種が急速に進んでいることなどを考慮した措置だ。

「日常への復帰」を急ぐが、防疫専門家の間ではスピード優先に懸念の声もある。

 筆者は、6月に入ってからソウル市内の病院で新型コロナワクチンの予防接種をした。韓国は、住民登録番号(外国人登録番号)でワクチン接種も管理するため、日本のような自治体の「接種券」はない。

ワクチン接種をIT管理

 年齢別の接種期間が発表になるとインターネットか電話で予約をするが、ストレスは全くなくさっと予約ができた。

 アストラゼネカ製ワクチンで、幸い、筋肉痛や発熱はなかった。

 6月半ばになると、筆者の周辺でもワクチン接種をしたという話が急増している。医療従事者や60歳以上だけでなく、余ったワクチンを接種した40代、50代も多い。

 余ったワクチンを無駄にしないための仕組みにもITを活用している。

 ネイバーやカカオといったポータルSNSサービスメニューに「余ったワクチン予約」が出てくる。

 医療機関などの位置情報も簡単に検索できる。ITが苦手な場合は、電話でももちろん予約できる。

 医療機関や保健所にあらかじめ「余ったワクチンが出た場合の接種を希望する」と登録しておけば、順番に沿って連絡が来るようだ。

 意外と多くの人たちがこうして接種している。

 韓国在住の日本人の中にも、アストラゼネカやジョンソンエンドジョンソン医薬品部門であるヤンセンの余ったワクチンを接種したという人が少なからず出始めている。

人口の3割にあたる1500万人が接種

 韓国政府によると、6月20日現在で、1500万人以上が少なくとも1回接種を終えた。全人口比で29.2%に達した。

 また、ファイザー、アストラゼネカを2回、または、ヤンセンを1回接種して、「接種完了」となった人も404万人で、同7.9%に達した。

 韓国政府は、上半期(1~6月)に1300万人の接種を目標としていたが、これを前倒しして達成したことになる。

 2020年末以降、韓国内では「ワクチン確保が遅れた」との批判が高まった。その後、様々なルートを総動員してワクチン調達を進め、何とか目標達成の前倒しにこぎつけた。

 ちなみにヤンセンは米韓首脳会談後に米国が提供したワクチンだ。

 スピード重視はけっこうだが、綱渡り式のワクチン調達をしてきたため、予想外の事態も起きてしまった。

1回目アストラゼネカ、2回目ファイザー

 「1回目でアストラゼネカを接種した一部の人に2回目はファイザーのワクチンを接種する」

 6月19日、韓国政府は、4月から5月にかけてアストラゼネカのワクチンを接種した医療、訪問介護従事者などに対して7月初めにファイザー製のワクチンを接種すると発表した。

 対象者は、76万人だ。理由は、ワクチン不足だ。

 もともと、ぎりぎりの調達→接種、という計画だった。

 6月末までに届くはずだったコバックス(ワクチンの国際共同購入枠組み)経由のアストラゼネカ製ワクチン83万5000回分の調達が7月以降にずれ込んだ。このため、接種計画に障害が生じたのだ。

 1回目と2回目に別の種類のワクチンを接種することに対して韓国政府は「海外でそうした例がある。接種効果が高まるという研究発表もある」と説明する。

 また、本人が同じワクチンの接種を希望する場合は、1週間ほど後から2回目もアストラゼネカのワクチン接種をすると選択の余地を残した。

 韓国紙デスクは次のように話す。

「1回目と2回目に異なる種類のワクチンを接種することは韓国内でも400~500人を対象とした臨床試験を実施中で結果は出ていない」

「効果があるという発表が海外であるが、副反応について懸念する専門家もいる。韓国政府も、ちょっと前までは、もう少し状況を見ると言っていたので唐突な転換だ」

 予約していたが、アストラゼネカのワクチン不足で6月末までに接種できなかった60~74歳までに対しても7月初めにファイザーのワクチンを接種することに転換した。

 ワクチンのやりくりには苦労しているようだ。

 韓国政府は「7~9月には2300万人に接種する計画だったが、6月末までに接種を済ませた人数が計画より多くなったため、余裕が生じる。8000万回分のワクチンを確保できるめどが立っており、需給問題はないだろう」と説明している。

 それでも、50代以下への大規模接種が始まることへの懸念の声が消えない。

営業規制緩和

 ワクチン接種ペースが上がったことを受けて、韓国政府は、2021年6月20日、新しい「社会的距離置き体系改変策」を発表した。

 これまでの厳しい行動規制を一部緩和するということだ。

 焦点は、人口のざっと半分を占め感染者が集中していたソウル首都圏での規制がどう変わるのかだ。

 現行の規制では、会食時の会合は4人まで。飲食店やコーヒーショップの営業時間は午後10時までだ。

 新しい規制は、人口10万人あたりの新規感染者数などを基準に規制の強度を4段階に分ける。

 例えば、ソウル首都圏の場合、最近の新規感染者数を見ると「第2段階」に該当する。会合への参加可能人数が8人に倍増し、飲食店などの営業時間も2時間延びて午前零時までとなる。

 韓国ではもともと酒類の提供はできるが、感染動向に応じて飲食店などに厳しい規制を課してきた。

 人数制限や営業時間を厳格に管理した。さらに、飲食店やコーヒーショップで飲食する際には、全員がスマートフォンQRコード記録を残す必要がある。

 感染者が発生した場合は、その時間帯にその場にいた客を把握し、PCR検査を受けるよう連絡するなど管理するためだ。

 これらの措置は、「お願い」「要請」ではない。

 「感染病予防及び管理に関する法律」に基づいた「命令」だ。

 こうした厳しい防疫措置で、6月15日~21日の韓国の新規感染者数は全国で1日あたり357人~545人で推移している。何とか大規模流行を防いでいる状態だ。

 一方で、厳しい規制に対する不満の高まりで、こうした措置にもかかわらず以前ほど人の流れは減っていない。さらに、規制を破って飲み屋をヤミ営業する例などが後を絶たない。

 ワクチン接種が予想を上回るペースで進んだこともあり、こうした様々な事情を考慮して6月20日に緩和措置を発表した。

 韓国政府としては、厳しい規制に強い不満を持つ飲食店や、行動規制疲れの世論に押される形でこちらもスピード対応を余儀なくされた形だ。

 とはいえ、1日の新規感染者はなかなか減少しない。変異ウイルス感染者も増え始めており、規制緩和には慎重論も根強い。

 こうした点を考慮して、ソウル首都圏での会合への参加可能人数について、2週間を移行期間として「6人まで」とすることも決めた。

 それでも、「ワクチン接種が進んだ英国やイスラエルで新規感染者が増えていることを見ると、いま、飲食店への規制緩和をする時期なのか。人数規制がない、地方に団体で行こうという若い人たちもいるようで、心配だ」(韓国紙デスク)という声も少なくない。

入国者隔離も一部免除

 世論に押される形で導入が決まったのが入国者に対する隔離措置の一部免除措置だ。

 韓国は、水際対策の厳しさに定評がある。入国者には、事前のPCR検査での陰性証明書の提出を求め、さらに2週間は「隔離措置」となる。

 指定施設に入る場合は完全缶詰め状態。自宅での隔離が認められる場合も、位置情報アプリで行動監視するほか、抜き打ち訪問などで隔離を厳守させる。一歩も外出できないのだ。

 期間中に2回のPCR検査を受け、陰性になった場合にやっと隔離が解除になる。

 韓国政府は、5月から韓国内でワクチン接種を終え、2週間経過した場合に限って、出国後に帰国した際に隔離を免除している。

 これに対して、在外韓国人などから「海外でワクチン接種を終えた場合にも隔離を免除してほしい」との要請が相次ぎ、7月1日から部分解除に踏み切った。

「重要事業上目的」「学術、公益的目的」「人道的目的」、さらに「韓国内に居住する直径家族の訪問」が目的である場合、事前の承認を得ることや、入国前後にPCR検査を受けて陰性判定を受けることなどを条件に隔離を免除することになった。

 迅速な措置だが、これまた「いったいどうして?」という声も上がっている。

 というのも、該当するワクチンとして、ファイザー、アストラゼネカ、モデルナ、ヤンセンなどに加えてシノファームとシノバックワクチンが含まれたからだ。

 韓国が世界で初めて、中国製ワクチンを隔離免除の対象とすることになったのだ。中国政府はもちろん歓迎の意向を表明した。

 韓国政府は、「WHO(世界保健機構)が緊急承認したワクチンを対象とした」と説明している。

 そんなときに、とんでもない事件も起きてしまった。

 中国は、韓国からの入国者についても3週間の隔離措置を課しており、これを変える動きはないという。

 韓国メディアによると、6月4日に北京に到着した31人の韓国人も3週間の隔離措置を受けていたが、この時、中国当局が預かっていたパスポートを誤って焼却処分してしまったのだ。

 ごみと間違えて処分したようで中国当局は謝罪して、隔離費用を負担し、査証もすぐに発給する措置をとったが、韓国内では釈然としない雰囲気も少なくない。

海外旅行解禁なども検討中だが…

 韓国政府は、隔離免除の一部導入に続いて、ワクチンパスポートの準備や、一部海外団体旅行の許可など、様々な措置を検討している。

 素早く大規模のPCR検査や厳しい措置で新型コロナの大流行を抑えてきた韓国。ワクチン調達ではもたついたが、「ポストコロナ」に向けた動きでもスピード重視の姿勢だ。

 規制の緩和による経済活動の活性化、海外との人の動きの再開など、先手先手で動こうという韓国政府だが、思惑通りに進むのか。

 国民も企業も、「スピード」を強く求めながらも、期待と不安が錯綜しながら政府の対応を見ている。

 ワクチン接種が始まった数カ月前、韓国政府関係者は「高齢者へのワクチン接種が進む6月末になると、新型コロナを巡る風景は一変する」と語っていた。

 問題を抱えながらも1500万人への接種を終えたことは評価できるが、まだ「風景が一変する」ことまでは実感できないのは、韓国でも同じだ。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  なぜ私は韓国で「不人気」アストラゼネカワクチンを打ったのか

[関連記事]

韓国、野党「36歳党首」誕生の破壊力は?

韓国大統領「44兆ウォン」手土産訪米の成果は

韓国に到着した米ジョンソン・エンド・ジョンソン製のワクチン(6月5日、韓国軍基地で、写真:代表撮影/ロイター/アフロ)