家はタワマン

年収1500~2000万円の”子育て現役世帯”は、日常に対して、どのように感じているのだろうか。「夫婦共働きで小学生子どもが2人います」と言う都内の40代女性(正社員・職員)は、世帯年収1500万円。郊外の戸建て住宅で暮らしており、「国産の大型ミニバンを所有しています」と続ける。

「家も車もローンはないので、生活はそれほど苦しくありません。服はユニクロフリマアプリで購入しつつ、教育費や習い事、学資保険などにお金をかけています。貯金も子どもたちのためにしているようなものです」

また、夫婦共に仕事が多忙のため「もう少し子どもたちとの時間を持ちたいです」とも述べていた。引き続き、ほかの年収1500~2000万円の人たちの声も見ていこう。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「高い税金を支払っているばかりで恩恵がありません」

大阪府の40代既婚女性(金融・保険系)は世帯年収1600万円。家族5人でタワーマンションに住んでいる。住宅ローンは「年始に一括返済しました」といい、「住宅ローン減税が終わったので」と付け加える。

「それでも子どもが3人いるので、これからかかる教育費は未知数。夫の年収も所得制限にかかっていて、国からの手当はすべて対象外です。裕福な暮らしをしているわけでもないのに、高い税金を支払っているばかりで恩恵はありません」

「生活が苦しい」というほどではないものの、高所得ならではの悩みを抱えているようだ。

「もっと教育費に使いたい」

福岡県の30代男性は「夫婦共に製薬会社で営業をしていて、子どもが1人います」と語る。世帯年収は1500万円だが、業界の将来性を危惧しており「散財はできない状況です」と続ける。

コロナ禍で残業や休日出勤がほぼなくなったため、減収になっています。さらに今年から、子どもが月額約9万円の保育園に通い始めていて……。小遣いは、お互い月3万円ずつ。外食は独身時代から行きつけの寿司屋に、月1回のペースで行く程度です」

さらに男性は「昇給しても税金でほとんど取られるため、給料が上がっている実感はありませんね」と綴っている。

ほかには

「夫婦で公務員をしていて、子どもは2人です。時間的な余裕があり、子どもとじっくり向き合いながら生活できています。経済的に困窮しているとも感じていません。とはいえ、思うように教育費をかけられなかったり、旅行やレストランなど高額な趣味を持てなかったり、不満はあります」(40代女性/東京都/世帯年収2000万円)

という声も寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」オンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収400~600万円の生活感「小遣いは月3~5万円。休日のラーメンに1万円、タバコに1万円使ってへそくりができない」
「妻が専業主婦で働こうとしない。金銭的な余裕がありません」年収700万円の40代男性の本音

年収1500~2000万円の子持ち世帯の家計事情「家はタワマン」「月額約9万円の保育園なので散財できません」