お笑いコンビアンタッチャブルの柴田英嗣(45歳)が、6月23日に放送されたバラエティ番組「ラヴィット!」(TBS系)に出演。「ドラクエ3」発売日の思い出を語った。

6月23日任天堂ゲーム機NINTENDO64」(1996年)が発売された日ということで、この日の「ラヴィット!」冒頭では、出演者に“思い出のゲーム”を聞いていくことに。

柴田は「ドラクエ3」を挙げ、「これがとんでもなかったんですよ。小学校で、みんなサッカー部全員並んでこれ買いに行きましたよね。買うのにも抽選券が当たらないと買えないという、超プレミアソフトだったのよ」と語る。

番組では、「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」が発売された1988年2月10日に撮影された、東京・新宿の大行列の映像が流され、そのあまりの行列ぶりに若い世代のお笑いコンビ・見取り図らはビックリ

番組MCの麒麟・川島明は「ドラクエ3は、たしか平日に発売されて、そのときに学校と会社を休む人がすごく増えたんで、これ以降、ドラゴンクエストは平日には売らない、と。日曜か祝日に売るようになったと言われている。もう社会が回らなくなったんですよ、この日」と情報を補足した。