税金高すぎ……

税金高すぎ……

改善点だらけの税金・税制問題。国民が問題として提議し、国民の声が明確な改善点であるのに何も変わらないとなれば、怒りや不満は増すばかりだ。キャリコネニュース読者からは、

「引かれる税金が多すぎて、働く意味が分からなくなりました。本当に罰金のようです。睡眠時間も休みもほとんどなく、病院にも行く時間なんかないのに、月々10万円の保険料は本当に馬鹿らしいです」(40代女性/埼玉県/個人事業主/年収2900万円台)

という声が寄せられている。大阪府の40代女性(商社系/年収600万円台)は、

「結局は、大票田である高齢者向けの施策に対する負担が、現役世代にのしかかっている現状。社会基盤の維持というメリットが薄く、単なる重税のしわ寄せ。政治家の目線が納税者ではなく、年金福祉を受ける側になりすぎている」

と鋭くえぐる。(文:鹿賀大資)

「議員定数が減らないのはおかしい。今の3分の1でいい」

都内の40代男性(金融・保険系/年収3000万円以上)は「高額な納税は社会貢献と割り切っているが」と前置きした上で、「政治家の体たらくを見ると腹が立つ」と憤る。

「今回のコロナ禍で政治が果たしたことは何か? IT化が進み社会の効率が良くなっているのに、議員定数が減らないのはおかしい。今の3分の1でいいだろう」

同じく都内の50代男性(金融・保険系/年収1000万円台)は、過酷な毎日に疲弊している。労働時間は1日12時間以上、睡眠時間は「4時間あればいいほう」と述べ、

「毎日お客さんからの嫌味。最近はコロナで上手く行かないのでまた言われる。大学生高校生子どもがいるので毎日が赤字。高校の学費は年収が高いからと、タダにならない。毎日1000円以内に抑えるのでさえ辛いのに、こんだけ外にいれば1000円以上はかかって当たり前。親の介護費もあり、貯金はもうなくなりそう」

「お金がないものは生きるなということでしょうか」

愛知県の40代男性(正社員/年収1200万円台)は、「税金が高くなっても構わないので、各種所得制限をなくして欲しい」と背に腹は代えられない様子。所得制限廃止の理由については、

「ほぼ全ての所得制限に引っかかるので、さみしい気持ちになる。のけ者扱いされて悲しい。さらに言えば所得の制限なので、大資産があったり、所得が少なかったりする人には支給される。そんな手当・補助金には納得できない」

と持論を述べている。

ほかには、

※キャリコネニュースでは引き続き「税金が高くて怒っている人」「夏のボーナスいくらですか?」などのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1500万円以上の生活感「税金だけで毎年、ベンツが買える金額」「お金が余って月30万円貯蓄に回すことも」
世帯年収1000~1200万円の不満「朝7時過ぎに家を出て、帰ってくるのは23時以降。税金高いのに還元がない」

高い税金に怒る人々「国会議員は今の3分の1でいい」「所得制限でさみしい気持ちになる」