秘境感満載の路線です。

奥多摩駅からの都県境越え路線で運行

山梨県丹波山村と西東京バスは2021年6月23日(水)、テレビアニメ鬼滅の刃』の竈門禰豆子役などを演じる声優、鬼頭明里さんによる車内アナウンス路線バスを運行すると発表しました。

期間は2021年7月1日(木)から2022年6月30日(木)まで。西東京バスの「奥10」(奥多摩駅~丹波)系統の小袖川~丹波間、「奥09」(奥多摩駅~鴨沢西)系統の小袖川~鴨沢西間で実施します。

当該系統の丹波山村内区間において、歴史や風土の紹介を織り交ぜた停留所案内や、営業案内、注意喚起も含めた車載機アナウンスを、鬼頭明里さんが担当するそうです。

東京都との県境に位置する丹波山村は、オオカミの伝説が今に息づく、関東で一番人口の少ない村。東京方面から鉄道とバスを乗り継いで行ける“秘境”だそう。

本来は4月から開始予定だったものの、新型コロナの影響で、7月からの開始になったといいます。丹波山村と西東京バスは、「丹波山村エリアにおいて特別な車内アナウンスを実施することで、より多くのお客さまに丹波山村の歴史、風土、時には停留所名の由来といった様々な魅力を多方面から発信してまいります」としています。

西東京バスの車両(中島洋平撮影)。