6月23日、東京・渋谷の東急シアターオーブにて「SHOWTIME」のマスコミ関係者ゲネプロが開催され、同エンターテインメントショーで舞台初共演、共同プロデュースした米倉涼子城田優ゲネプロ後、記者陣の取材に応じた。

【写真を見る】圧巻の美脚…! セクシーなタイツで脚を組む米倉涼子

ニューヨーク・ブロードウェイの偉大なクリエーターたちにトリビュートを捧げ、コロナ禍で大打撃を受けた演劇界にエールを送りたい、という願いから企画された同公演。

米倉が愛してやまないミュージカルシカゴ」(初演版)で脚本や演出・振付を手掛け、米倉と城田が2人を結びつけた稀代の振付師、故ボブ・フォッシーを思い、ミュージカルシカゴ」「ピピン」「キャバレー」など厳選した珠玉のミュージカルナンバーを、森崎ウィン、JKim、大澄賢也、中尾ミエ、前田美波里をはじめキャスト陣と共に披露する。

シカゴ」が上演予定だったがコロナ禍で中止に。「エンターテインメントの力を届けたい」との思いでこのショーが立ち上がったが、城田は直前まで別のミュージカルに参加していたこともあり、3日ほどで仕上げたという。

米倉はゲネを終えた今の心境を聞かれ、「思ったより忙しくてビックリしましたが、1つのショーが実現したことに感動しています」としみじみと明かし、城田も「正直、ゲネですらできるかという不安があったんですけど、それこそエンターテインメントの力がすごいなと思って。他の方のパフォーマンスを見ていると、自然と力が湧いてくるというか。まだまだ至らないところはたくさんあるんですが、今は一安心して胸をなでおろしています」と素直な気持ちを告白。

ショーは2人で相談しながら作っていったそうだが、米倉は「共同作業という形ですが、城田くんにほとんどお任せをして。私は横やりを入れてました」と苦笑いするが、城田は「横やりがすごく的確でした」と感謝。

また、米倉は「初めて『シカゴ』に挑戦してから、フォッシーのナンバーをえりすぐってやりたいという夢があって。まさかここでかなうなんて。それがうれしいです」と言い、城田は「エンターテインメントの力、われわれのダンス、歌を通して、お客さんに少しでもポジティブエネルギーを届けるということをテーマに、テクニックは第2で思いを第1に持ってショータイムに臨んでほしいとキャスト陣に伝えて。僕としては『The Show Must Go On』という思いを届けることを考えてました」と熱い思いを明かした。

米倉も「『SHOWTIME』って大切なんだという思いが伝わればいい」と言い、「私は『シカゴ』以外のミュージカルはやったことがなくて、まだ新参者。今回この機会を頂いて、たくさんのダンサーミュージシャンと出会うことができて。この年になってもやれることがたくさんあるんだなと、夢と希望でいっぱいです。テクニック2番、思い1番で頑張っています」と感慨深い様子で語った。

城田はショーのために、「The Show Must Go On」という楽曲も制作。米倉は「とってもすてきな楽曲」と言い、城田も「僕たちの思いでオリジナルの曲があったらいいなと思い、作らせていただいて。歌詞に全ての思いが詰まってます。1人1人は小さくても集まって大きくなって、愛が救って何かを変えていく、つらくてもお互い支え合って生きていこうという思いを、少しでも音楽のチカラを通して共有できたらと思います」と期待を込めた。

米倉と城田は舞台初共演になるが、舞台に立って気付いたお互いの新たな魅力を語り合う一幕も。米倉は「共通点は、体は大きいけど、気が小さいとこですね」と苦笑いすると、城田も同意し、「2人とも小心者ですごく緊張しい。けど、ヨネさんは本番に強い」と断言。

続けて、「(米倉の)表情に引っ張ってもらいました」と口にすると、米倉は「城田くんとドラマでご一緒したことがあるけど、舞台上で一緒にアイコンタクトをとったのは今日が初めてだったけど、めちゃくちゃ楽しかった」と興奮気味に告白。

それを受けて、城田も「新しい発見がありましたよね。それはすごく救われました。すごく頼りたくなってしまうところがありますね」と米倉に感謝すると、「城田くんは大人です。演出でもみんなを引っ張ってくれます」と賛辞の言葉を送っていた。

◆取材・文・撮影=TAKAMI

取材に応じた米倉涼子と城田優(写真左から)