マクドナルド・マック

マクドナルドは50周年を記念して、6月23日から「思い出の人気バーガー」3種類が期間限定で復活。その中でも懐かしすぎる2つのバーガーに、世代直撃の記者は思わず感動した。


画像をもっと見る

■久しぶりの再会に感動

ジューシーチキン赤とうがらし

まずは、2008年からレギュラーメニューとして販売していた『ジューシーチキン赤とうがらし』(390円)。マクドナルド大好きっ子の記者が学生時代の当時、ヘビロテするほど大好きだったメニューだ。

ジューシーチキン赤とうがらし

久々に食べたが…「そうだよ、これこれ! この味だよ!」とうなずくほど懐かしい気持ちになった。ジューシーでピリ辛なチキンレタス、甘めのマヨソースシンプルな構成だが、これがやみつきになるのだ。


関連記事:本日登場マクドナルドの新バーガー、ネーミングセンスが妙に気になる一品だった

■ネットでも「懐かしい」の声

ジューシーチキン赤とうがらし

SNS上でも「マジで10年ぶりの再会」「とにかくひたすらに懐かしい。美味しい。極力たくさん食べたい」「超久しぶり!! やはり美味しい」「本当にずっと待ってた私の青春の味」と当時を懐かしむ声があがっており、感動する人たちが相次いでいる。

記者がジューシーチキン赤とうがらしを注文していた当時はあまり人気がなかったのか、注文するとチキンを揚げるため出来上がりを待つケースが多かったように思う。あくまで記者の観測内の話だが、揚げたてを食べられる機会が多かったこのメニューには感謝しかない。

■待っていたテキサスバーガー

テキサスバーガー2021

続いて紹介するのは、2010年に登場したあと今回2021バージョンとして復活した『テキサスバーガー2021』(490円)。これまで何度か復活してきたメニューだが、これも登場した当時、あまりのウマさに衝撃受けて何度も食べていたメニューだ。


■「フライドオニオンが良かった」の声も…

テキサスバーガー2021

一番上にはスモーキーベーコンが2枚。

テキサスバーガー2021

さらにめくるとトルティーヤチップスが。バリバリとした食感が楽しいが、個人的には以前入っていたフライオニオンがあってくれたら…と感じた。SNS上でも「フライオニオンなくなってる」「フライオニオンのほうが好きだった」との声がみられている。

テキサスバーガー2021

ちなみに半分に割るとこのような感じ。あらためてそのボリュームに驚かされる。

■とにかく肉感がスゴい

テキサスバーガー2021

食べた感想だが、肉厚のビーフパティスモーキーベーコン2枚入っていて“肉感”がスゴい。濃厚なバーベキューソースの味付けも最高だ。個人的には、味付けは濃いものの、以前販売されていたものよりも食べやすい印象を受けた。フライオニオンも好きだが、トルティーヤチップスも「これはこれであり」とは感じる。

ネット上でも「めちゃくちゃウマい」との声があがっているが、やはり一部では「好きだったテキサスバーガーとはかけ離れたものになってて悲しい」「なんかイメージと違う」との声も。今回復活する3種のメニューのうち、もっとも賛否が分かれているバーガーだろう。


■「トリチ」も復活

ジューシーチキン赤とうがらし』『テキサスバーガー2021』の他にも、「第1回マクドナルド総選挙」の公約で登場した『トリチ(トリプルチーズバーガー)』(490円)も復活。肉厚ビーフパティ3枚にチェダーチーズが3枚入ったボリューミーにもほどがあるバーガーだ。

当時を懐かしく思い出しながら食べるもよし、「こんなメニューがあったのか」と初めて食べるもよし、気になる人は一度食べてみよう。

・合わせて読みたい→マクドナルド、期間限定のハンバーガーに衝撃 “肉の威圧感”が最高すぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

マクドナルド、懐かしすぎるバーガーが復活 「青春との再会」に思わず感動した