パブリッシャーFocus Home Interactiveは、Cold Iron Studiosが開発する協力型マルチプレイゲーム『Aliens: Fireteam Elite8月24日に発売することを発表した。Steamのストアページでは8月25日に発売予定と表記されている。

 対応プラットフォームはPlayStation 4PlayStation 5Xbox Ons、Xbox Series X|S、PC(Steam)。通常版と「エンデバーパス」などが入ったデラックス版が用意されており、すでに予約が始まっているXboxPC版がそれぞれ通常版4650円/4880円、デラックス版が8150円/8540円となっている。

 『Aliens: Fireteam Elite』は映画エイリアン三部作終了から23年が経った世界が舞台だ。プレイヤーUSSエンデバー所属の植民地海兵隊として、4つのキャンペーンを通して恐ろしいゼノモーフ(エイリアン)の脅威に立ち向かう。

 プレイヤーはそれぞれ能力の異なるガンナー、デモリッシャー、テクニシャンドクター、リーコンからひとりを選び、3人でチームを組んでゼノモーフに挑む。プレイヤー以外のチームメイトはほかのプレイヤーにすることも、NPCにすることも可能だ。

 プレイヤーキャラはカスタマイズが可能で、30種類以上の武器、70種類以上の改良や付属品から使用する装備を選べる。

 プレイヤーに対する敵は、フェイスハガーからプレトリアンまであらゆる進化を遂げた11種類のゼノモーフを含む全20種類が登場。どの敵も独自の知能を持ち、プレイヤーに不意打ちをかけ、出し抜き、宇宙の藻くずにしようと試みてくる。

 敵は無数、プレイヤーチームはたったの3人。圧倒的不利な状況で戦わなければならない。

(画像はSteam『Aliens: Fireteam Elite』より)
(画像はSteam『Aliens: Fireteam Elite』より)
(画像はSteam『Aliens: Fireteam Elite』より)
(画像はSteam『Aliens: Fireteam Elite』より)

 『Aliens: Fireteam Elite』は8月24日に発売予定。日本国内ではPS4PS5版が3gooから発売される予定だ。記事執筆時点で日本語公式サイトの発売日は「2021年夏」となっている。また、Steamのページでは日本語対応と表記されている。

『Aliens: Fireteam Elite』公式サイトはこちら
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。