NHK

24日放送のNHK連続テレビ小説おかえりモネ』で塚本晋也演じるジャズ喫茶のマスターの「トムさん」こと田中知久が発した「昭和の倫理観」というワードが、SNS上で大きな話題になっている。


■「昭和の倫理観」にヒロインが絶句

田中の元を訪れたヒロインの永浦百音(清原果耶)は、そこで田中からかつて複数の女性と不倫していたことを打ち明けられる。

「え…ひどっ…。トムさんそれ、ひどくないですか? いっぺんにそんな何人も? 結婚してるのに」と顔をしかめて“ドン引き”する百音に、田中は「ひ、引くな引くな。いや、わりとよくある話だったんだよ」と話し、「昭和の倫理観だよ」と訴える。

「ひどすぎます! 奥さんかわいそう。娘さんだっているのに? ひどい…」と百音が絶句すると、田中は「だから、愛想尽かされて、有り金ひっぺがされて今このザマじゃねえかよ」と自虐していた。


関連記事:田中みな実、出川哲郎にブチギレ 「恥ずかしい」「見たくなかった」

■菅波もドン引き

坂口健太郎演じる医者の菅波光太朗との会話でも、ステージ4の肺がんである田中が自身の生き方について「優柔不断なんだよね。好きな女もあっちかな、こっちかな、いや案外そっちかもしれねえぞってフラフラしちゃうんだよね…」と打ち明けると、菅波は「えぇ…」と百音と同様にドン引き

おいおい、先生もドン引きかよ。潔癖だねぇ…」と自虐気味に笑いを誘い、積極的に治療を受けるよう説得する田中に「迷うための時間か。もうちょっとだけ頑張ってみっか」と決意するのだった。

■放送後に「モヤモヤ」の声も

妻子がいながら犯してしまった過ちを「昭和の倫理観」と発言した田中。決して当時の行動を自慢する素振りはなく、後悔の念すら感じるような発言だったが、SNS上では「苦しい言い訳」「自分を正当化する言葉にモヤモヤ」「昭和でも傷ついてる人はいっぱいいたんやぞ」などの感想が相次ぎ、「昭和の倫理観」のワードツイッターでトレンド入り。

妻子に逃げられ、娘に子供が生まれることを本人から知らされなかったり、百音や菅波などの若い世代からドン引きされたり、作中の人物からは不倫を否定されている田中だが、自身の罪を「昭和の倫理観」と一言で説明してしまったことにモヤモヤを感じる視聴者は少なくなかったようだ。


■不倫や浮気は遊びなら許される?

ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,789名を対象に実施した調査では、「不倫や浮気は遊びならしてもいいと思う」と回答しているのは全体の21.5%。性年代別で比較すると、もっとも高い割合は50代男性、次に10代男性、60代男性という結果になっている。

不倫・浮気

トレンド入りするほど話題を集めた「昭和の倫理観」というワード。『おかえりモネ』の後に放送された『あさイチ』では、視聴者からのFAXコーナーで「昭和の倫理観」を名乗る人もあらわれていた。

・合わせて読みたい→高畑充希の理想の男性像を田中みな実が大絶賛 「わたし史上一番いい」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年2月21日2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

NHK朝ドラ、不倫したトムさんの「昭和の倫理観」発言 ネットで話題に