血痕・血Betül Murat/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人が家で息を引き取る。それ事態は珍しいことではないが、生々しい形跡が残っているとは知らぬまま、その家に暮らしていたとしたら…。ある女性の恐怖経験について、『LADbible』など海外のメディアが報じた。


■ある物件で見たもの

引っ越し先を探す際、候補の物件のことを調べる人は多いだろう。海外在住のある女性も、引っ越し前に過去の住人について調査を開始し、家の中で亡くなった事実を知り得たという。

それでも「ま、いいか…」と気にせず入居したものの、ゾッとするものを発見したため、TikTokで公開した。

女性はあるとき、床に敷いてあったカーペットをはがしてみた。すると床に、倒れた人の形をペンでなぞったような線、また警察が書き残したかのような数字が残っていたというのだ。


関連記事:ひろゆき氏、事故物件の告知指針に疑問呈す 「個人的には気にしてない派」

■「どうせいたずら」?

人型に引かれた線の横には、遺体の体液が深くしみ込んだような大きな汚れまであった。ちなみに通常、こういう線を引く際にはチョークを用いることが多いのだという。

にもかかわらずペンで線が書かれていること、さらに事件か事故を連想させる「Case #091101」という文字と数字がそのまま残っていることに、多くのユーザーは驚いた。

そこで「前に暮らしていた住人がいたずらを仕掛けていったのではないか」「怖がらそうとしただけ」という声もあがったが、なかには気持ち悪がり、引っ越しをすすめるユーザーもいたという。

■気になる意見を無視できず

「ダメよ、こんな家はすぐに売り払ったほうがいい」。そんな提案も寄せられたが、「床のシミは遺体から染み出した体液と見て間違いない」「まずは確認してみて」という意見もあったそうだ。

「ただのいたずらよね…」と考えていた女性も気持ち悪くなり、念のため確認してみることにした。


■怖すぎる結果

女性はシミに薬品を吹きかけ事実を確認する様子も、撮影することにした。そして汚れが残っている場所、またきれいな場所それぞれに、勢いよく液を噴射。すると薬品がかかったシミからはシュワシュワと泡がたち、血痕であることが判明したという。

同女性がかつて読んだ死亡記事には、以前この家で暮らしていた人物について「自宅で静かな死を迎えた」と書かれていたそうだ。それでも大量の血痕・体液が垂れ流しになるまで誰にも気づかれなかったのだとしたら、あまりにも気の毒な話だ。

・合わせて読みたい→4歳の息子が作ったLEGOの家、床にうつる影に「素晴らしい!」と称賛相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

事故物件かいたずらか… 床に残った怖すぎる“遺体の痕跡”を新入居者が公開