木村拓哉が主演、長澤まさみ出演『マスカレード・ナイト』が9月17日(金)公開となる。この度、本作より最新ビジュアルと予告映像が公開となった。

東野圭吾が描く「マスカレードシリーズ集英社刊)は、累計発行部数450万部を突破し屈指の人気を誇る。第1作である『マスカレードホテル』は2019年に実写映画化され、興行収入46.4億円の大ヒットを記録した。あれから2年“水と油”のバディが再び難事件に挑む。

破天荒な刑事・新田浩介を演じるのは、数々の大ヒット映画・ドラマに出演し、常にトップを走り続ける木村拓哉。東野が木村を「当て書き」したと語る新田は正真正銘のハマリ役だ。そして新田の相棒となる真面目過ぎるホテルマン・山岸尚美を演じるのは、第44回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した長澤まさみ

木村拓哉長澤まさみの他にも前作に引き続き、小日向文世、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、石川恋、鶴見辰吾、篠井英介、石橋凌、渡部篤郎といった俳優陣が集結。そして、先日は新キャストとして中村アン田中みな実石黒賢沢村一樹、勝村政信、木村佳乃、凰稀かなめ、麻生久美子、高岡早紀、博多華丸の参加も発表となっている。

舞台となるのはまたしても「ホテルコルテシア東京」。大晦日カウントダウンパーティーに現れる殺人犯を捕まえるため、新田は再び“全てを疑う”潜入捜査官としてホテルフロントに立つ。他方、フロントクラークからコンシェルジュに抜擢された山岸はホテルマンとして“お客様を信じる”ことで最上の時間の提供を心掛ける。2年の時を経ても、ふたりの考え方は相容れない。そこへ、次々と現れるパーティー招待客≒容疑者たちは誰もが怪しく、謎は深まるばかり。

パーティー参加者500名、全員仮装、全員容疑者。立場も性格も真逆の異色バディは凶悪な殺人犯の「仮面」を暴き、「死」のカウントダウンを止めることが出来るのか――。



今回公開となったビジュアルは、それぞれに意味ありげで怪しい表情を浮かべた日本を代表するキャストたちが映し出されている。事件解決のために残された時間はわずか、というタイムリミットを象徴するような時計を背景に“全てを疑う”新田と、“お客様を信じる”山岸の表情が印象的なビジュアルだ。

予告映像では、新田が潜入捜査官として再びホテルマンとなりフロントに立つ姿が。500名の仮装客が参加するこのカウントダウンパーティーに殺人犯が現れる―。たったそれだけの情報をもとに、凶悪な殺人犯を捕まえるべく奮闘する新田と山岸の前には再びホテルマンとしてのルールと、クセのあるパーティー招待客たちが立ちはだかる。

マスカレード・ナイト』
9月17日(金)全国東宝系にて公開

『マスカレード・ナイト』