長嶋一茂

25日放送の『羽鳥慎一 モーニングショー』(テレビ朝日系)では、天皇陛下東京五輪新型コロナウイルスの感染が拡大することを「大変心配されている」とする、宮内庁・西村泰彦長官の発言について報道。タレント長嶋一茂が、これに対する海外メディアの反応についてコメントした。


■天皇陛下が五輪開催を懸念と拝察

24日の会見にて、西村長官は「天皇陛下は、現下の新型コロナウイルスの感染状況を大変心配されている。国民の間に不安の声がある中で、オリンピックパラリンピックの開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察する」と発言。

西村長官は、天皇陛下と日々会話をしている中で「肌感覚としてそう感じている」とし、「陛下から直接そういうお言葉を聞いたことはない」とも語っている。


関連記事:政府有識者会議で女性宮家・女系天皇の議論は進むのか? 金子宗徳・亜細亜大学講師に聞く

■海外メディアの反応に…

海外メディアからは、「主催者の心変わりを引き起こすにはほぼ間違いなく遅すぎた」など厳しい反応があったことも紹介され、海外特有の表現に司会進行の羽鳥慎一は「直接的ですけどね」と発言。

これに一茂は「ハッキリ言って余計なお世話」と切り捨てる。続けて「このタイミングだからこそ、国民の皆様にもう一回感染対策をしっかりしましょうと。で、オリンピック開催をやりましょうという(天皇陛下からの)メッセージかもしれない」とコメントした。


■ネット上では波紋広がる

番組内では、一部の大会関係者から「西村長官の個人的な考え」との見方もあるとした一方で、一般国民からは「拝察といってもあれが、天皇陛下のお考えなんだろう」と感じる人々もいるなどと色々な解釈があることについても言及。

インターネット上では、「陛下のお気持ちに感じひんのかなあ…関係者たちは」「五輪に対する陛下の懸念と国民の懸念は同じ」「天皇陛下も、国民の半分以上が開催に否定的な状況で、強行開催の挙句、開会式で宣言をさせられるのはとても苦慮するだろうなぁ」などと波紋が広がっている。

・合わせて読みたい→菅総理、『報ステ』で国民にコロナ予防を呼びかけも批判殺到 「とっくにやってる」

(文/しらべぇ編集部・植野春香

宮内庁長官の「拝察」発言 海外メディアの反応に長島一茂が言及