【この記事の動画を見る】

南アフリカのクワズール・ナタール州にある小さな村でダイヤモンドが見つかったという噂を聞きつけ、何千もの人が集まり一攫千金を求めて地面を掘り続ける「ダイヤモンドラッシュ」状態になっていた。しかし簡単に夢は叶わぬものなのか、専門家が発表した調査結果によると発掘された鉱物はダイヤモンドではなく「水晶」だったという。『eNCA』などが伝えている。

ダイヤモンドラッシュ」で一気に注目を集めたKwaHlathiは、非常に小さな村だ。無職の人が多く貧しいこの地域で、人々が一攫千金を夢見ることは当然だ。一帯は穴だらけとなり、環境にも影響が出ると心配する声もあったが、人が集まったことで地中から見つけた石を売る人、食べ物を売る人などもやって来て、村はにわかに活気づいた。

そのような中、クワズール・ナタール州の専門家チームは発見された鉱物について「水晶である」と発表した。水晶はパワーストーンとして人気だが、輝きや硬度、価値もダイヤモンドには劣る。発表によると、この地域は「カルー・ドレライト・シル(Karoo dolerite sill)」と呼ばれる火成岩体の端っこに位置しており、ダイヤモンドが発見される地域ではないとのこと。ただし地球科学評議会は、水晶以外の鉱物の存在についてさらなる調査を行うとのことだ。結果によっては雇用創出の機会になり、この地域に住む人々の生活向上につながるのだ。

多くの人は落胆したが、実はいまだに同村に残って掘り続けている人も少なくない。「本当はダイヤモンドだけど水晶だと嘘をついているんだ。政府は俺たちを追い出してから採掘するに決まっている」と専門家の調査結果を信じない人や、「無職だから掘る以外することがない。水晶でも売れるなら掘り、そのお金で食べ物を買うことができる」と少しでも稼ぐために掘り続けているようだ。

この村の長であるSphiwe Kuneneさんは「ダイヤモンドでなかったことは残念だし、土地を掘り返したことは環境にもよくない。ブラックマーケットで水晶を売るためにいまだに掘り続ける人もいる。政府が動いてこういう人々を退去させるべきだ」と述べている。

画像は『eNCA 2021年6月22日付「No diamonds, but locals still digging in KwaHlathi」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト