税金高すぎて、手元にお金が残らない…

税金高すぎて、手元にお金が残らない…

「稼げば稼ぐだけ豊かな生活ができる」と思ったら大間違いだ。収入が多ければ多いほど、納めなければならない税金は増え、各種助成制度も所得制限で対象外になってしまう。年収1100万円台の50代前半男性は、

子どもの学費が免除にならない。奨学金も所得制限がある。稼いでも手元には残らない」(東京都/商社系)

と嘆く。今回は、年収1000万円以上のキャリコネニュース読者から寄せられた「税金に対する不満」を紹介しよう。(文:福岡ちはや)

「落ちたら這い上がれないから、無理して年中無休で店を開けています」

京都府の50代前半男性は年収1200万円台。「個人事業主になれば儲かる」と夢見て脱サラの道を歩んだが、

「実際に個人事業主になってみると、ただ忙しく身を削る分だけ納税する働き蜂となりました」

と自嘲する。さらに「働けど働けど、まったくラクになりません。まだ会社勤めのほうが、安定した収入と休日が得られてはるかによかったです」とも述べている。必死になって働いても生活が豊かにならないのでは、労働意欲を削がれてしまう。

高すぎる税金にあえぐ個人事業主は、ほかにもいる。静岡県の50代男性は「人より長い時間働かないと、負け組に落ちてしまう業界で事業をしています」と明かす。

「落ちたら這い上がれないから、無理して年中無休で店を開けています。そのおかげで年収1000万円台ですが、税金が高すぎる!どこが平等ですか?養育費を払っているのに、控除もないし」

生活のために無理して働いているにもかかわらず、稼ぐほど高額な税金で生活苦に陥ってしまうジレンマ。節税に励み、「できるだけ働かない」のが唯一の解決策なのか。

※キャリコネニュースでは引き続き「税金が高くて怒っている人」「夏のボーナスいくらですか?」などのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1500万円以上の生活感「税金だけで毎年、ベンツが買える金額」「お金が余って月30万円貯蓄に回すことも」
世帯年収1000~1200万円の不満「朝7時過ぎに家を出て、帰ってくるのは23時以降。税金高いのに還元がない」

税金が高すぎる!と怒る高所得者たち 「個人事業主になったら納税する働き蜂でした」