新型コロナウイルスワクチン接種で、様々な副反応が出、虚実取り交ぜて様々な情報が飛び交っています。

JBpressですべての写真や図表を見る

 主要な副反応としては「発熱」「接種部位の腫脹」「頭痛」「倦怠感」などが挙げられますが、大半は2~3日の安静で軽快が報告されます。

 しかし、中には接種から24時間以内に死亡するようなケースも報告されている。

 中でも政府が神経をとがらせているらしいのが「コロナワクチンを打つと流産する」「不妊症になるらしい」といった風説で、閣僚から率先して火消しに当たっているようです。

 ただ、申し訳ないけれどあまり説得力がない。

 無理もない話で、俳優も政治家もレクチャーされた原稿を読むだけなので、科学的な事柄で、自分の信念に基づく言葉を期待する方が無理筋です。

 ここではまず「ワクチン接種」で流産が起きるとか、妊娠しにくい体質になるといった統計的なデータはないことを、最初に強調しておきましょう。

 しかし、役所から開示されるデータの改竄に慣れてしまった日本社会には「データがない」と言ってもあまり説得力がありません。

 そこでまず、このワクチンの源流探訪から、筋道を立ててお話ししたいと思います。

ワクチンはどこからやって来た?

 そもそも、ワクチンとは何なのでしょうか。系統だったワクチン接種は225年ほど前、イングランドにさかのぼります。

 人類は長年、バイキンによる病気のほか、ウイルス性の疾患にも悩まされていました。その一つとして「天然痘」が挙げられます。

 天然痘は「天然痘ウイルス」によって引き起こされる病気で「疱瘡」「痘瘡」などとも呼ばれ、遠く古代エジプトピラミッドに葬られたファラオミイラにも、特徴的なできもの「あばた」の跡が発見されています。

 日本でも記録に残る限り平安時代以来、多くの症例があったと思われます。致死率20~50%、凄まじく悪性の病気で、運よく完治しても全身に「あばた」の跡が残り、罹患者は差別の対象になったりもした歴史があります。

 中国や西アジアでは古代から、天然痘患者の患部から「膿」を取り出し、それを健康な人に接種して軽度の天然痘を起こさせると重症化しない事実が知られていました。

「人痘法」と呼ばれ、日本でも天然痘患者の「かさぶた」を粉末にして鼻から吸引するなどの方法で免疫をつけさせる民間療法が普及していました。

 1796年、イングランドの医師エドワード・ジェンナーは、天然痘に似た牛の病気である「牛痘(Cowpox)」に注目します。

 牛痘は人間にも罹患しますが、重症にはなりません。しかも牛痘に罹った人は天然痘には罹らないという風説がありました。

 ジェンナーは人に感染した牛痘を研究し(安全性を確認したうえ、とのことですが)使用人の息子である8歳の少年に、まず牛痘を接種します。

 多少の発熱以外の副作用はありませんでした。牛痘を示すラテン語「Variolae(斑点)vaccinae(牛の)」から、この接種はワクチンVaccine)と呼ばれるようになりました。

 実は今日では牛痘と天然痘の間には「交差免疫」が存在せず、ジェンナーの生体実験は「牛痘」の中に混ざっていた「馬痘」ウイルスによるものだと知られており、ジェンナーの「実験」は幸運な偶然により成功したことが知られています。

抗原抗体反応と日本人の貢献

 ジェンナーの牛痘から約1世紀、1889年にドイツベルリン大学コッホ研究室で研究を進めていた北里柴三郎は、まず破傷風菌の分離に成功、次いで翌90年、破傷風菌の「抗毒素」を発見、さらに菌体を少しずつ体内に投入して抗体を生み出させる「血清療法」を確立します。

 ジェンナーの牛痘は改良が重ねられ「種痘」として全世界に広まり、日本でも伊東玄朴(1801-71)らの蘭方医が主導して江戸幕府の「種痘所」が、秋葉原の「お玉が池」の近くに作られます(お玉が池種痘所)。

 東京大学医学部はここが原点で現在は三井記念病院が立っています。ちなみに私の父はここで死んだので、入院時代に通った思い出があります。

 北里が「血清療法」を創始したのは決して思いつきではなく、長崎にもほど近い故郷の熊本には、肥後藩主細川氏が設立した再春館医学寮などの伝統があったものと察せられます。

 さて、生体実験の被験者とされたジェンナー家使用人の息子のように、病原体を接種されると何が起きるのでしょうか?

「馬痘」ウイルス明らかに人体にとっては異物ですから、白血球などの食細胞がこれを食べ、分解してしまいます。いわば体内の掃除屋です。

 さらにアメーバ状の白血球であるマクロファージ=大食細胞などの細胞は、食べた異物の中で「こいつが異物」という特徴的な「知らないたんぱく質の破片」ペプチドを自分の表面に並べる性質があるのです。

 このように提示されたペプチドが「抗原」で、マクロファージや樹状細胞など、これを陳列する働きを持つ細胞は抗原提示細胞と呼ばれます。

 言ってみれば、捕まえた悪者をバラバラにして特徴的な部品を「さらし首」にしているような状況です。

 こうした抗原が認識されると、この抗原を「鍵穴」(エピトープと呼ばれます)と見たとき、ぴったりと結びつく「鍵」(パラトープ)の働きをする「糖たんぱく質」をB細胞と呼ばれるリンパ球が作り出します。Bはボーン(bone)=骨に由来して命名されたものです。

 B細胞が生み出す「抗体」は、身体に悪さをする「抗原」の鍵穴に結びついて異物を取り囲んだり、蓋をしてしまいます。

 いわば警官隊に取り囲まれた強盗のようなもので、こうなると、ウイルスなどの異物は悪さができません(中和作用)。

 さらに抗体のシグナルによってマクロファージなどの「体内の掃除屋」がやって来て、抗体に取り囲まれた抗原全体を食べてしまいます(オプソニン作用)。

 このような抗体は免疫グロブリンと呼ばれ、大きく5種に分類されます。あらゆる抗原に結びつく驚くべき多様性を持っています。

 どんな悪者がやって来るか誰も知りませんから、あらかじめすべての抗体の設計図=遺伝情報をDNAに書き込んでおくことはできません。

 1976年この謎の基礎を解明し「遺伝子再構成」のメカニズムを発見したのが利根川進博士(1939-)で、1987年ノーベル医学生理学賞を受賞しました。

 また抗体の遺伝子に備わった「クラススイッチ」組み換えや「体細胞超変異」などのメカニズムがを明らかにし、ガンの特効薬「モノクローナル抗体」製剤を実現した本庶佑博士(1942-)も2018年ノーベル医学生理学賞を受賞。

 いずれも日本の業績で、京都大学の自由な校風から育った、全人類の声明を救う大きな功績です。

3タイプ7種類コロナ・ワクチンあれこれ

 抗体療法の基礎をやや細かく見ましたが、人類の伝染病克服の歴史に日本人の独自な貢献が非常に大きく役立っていることに、ぜひ注目していただきたいと思います。

 現在普及しているワクチンは、大別して3種類に分けられます。

タイプ1:病原体そのものに由来するもの
タイプ2:抗原を人工的に作り出して接種するもの
タイプ3:抗原を作り出す「遺伝子」を人工的に合成して接種するもの

 まず、タイプ1:病原体そのものに由来するものとしては次の2種類が存在します。

A「生ワクチン」:病原体そのものをごく少量接種して抗原として認識させるもの。

 現在の新型コロナウイルス対策では用いられていません。

B「不活性化ワクチン」:ホルマリンなどで活性を奪った「毒性のないウイルス」を投与して抗原として認識させるもの。

 中国のシノバック社やシノファーム社が開発、実用化しています。

 次に、タイプ2:抗原を人工的に作り出して接種するものとしては次の2種類があります。

C「VIPVirus-Like-Particle)ワクチン」:ウイルスの中身以外の部分、「外殻」の部分だけを昆虫などの細胞を使って大量培養、増殖して製剤、ワクチン接種して抗原として認識させるもの。

 日本国内では大阪大学などで研究が進められています。いわば、もぬけの殻、天ぷらの具がすっぽぬけた「コロモだけ」みたいなウイルスを投与して免疫力をつけさせようという戦略です。

D「組み換えたんぱく質ワクチン」:ウイルスの「外殻」の中でも、特徴的な「スパイクたんぱく質」に特化して、やはり昆虫などの細胞を使って大量培養、増殖して製剤、ワクチン接種して抗原として認識させるもの。

 国際的にはノババックス日本国内では塩野義製薬などが開発に取り組んでいます。

 これらのワクチンは、生ワクチンや不活性化ワクチンのように病原体そのものを利用するもの、あるいはVIPワクチンのように抗原分子を作って注射するもので、直接「抗原」を接種する考え方です。

 ウイルスの外殻やそのスパイクたんぱく質は、単純なたんぱく質ではなく、糖が複雑に結びついて様々な働きをする機能性高分子(その最大のものは、私たちの細胞表面に取り付いて感染する機能です)で、合成も生成もそれなりに手間がかかります。

 これに対して、抗原を注射するのではなく、抗原を作り出す「遺伝子」を注射して、抗原そのものは人間の体内で作らせてしまおう、というのが「第3のタイプ」遺伝子ワクチンにほかなりません。

ファイザー/モデルナVSアストラゼネカ/スプートニクV

 私たちの体を構成するたんぱく質を作り出す情報は、一般に遺伝子、DNAに書き込まれています。

 これと同じように、新型コロナウイルスの外殻に生えた突起「スパイク」を構成するたんぱく質(「Sたんぱく質」と呼ばれます)を作らせるDNAの遺伝暗号を組み立てることができます。

 ただしDNAに書かれた暗号は、そのままではたんぱく質を作ることができません。

 私たちの遺伝子の全体をゲノムと呼びますが、ゲノムの中から、求められるたんぱく質を作るのに必要なだけの一部分、いわばメモに相当する「施工図面」を作り、それに従って部品であるアミノ酸を繋げていきます。

 このメモをメッセンジャーRNA(mRNA)と呼びます。

 タイプ3:抗体を作り出す「遺伝子」を人工的に合成して接種するワクチンとしては次のE、F、G3種類があります。

E 「DNAワクチン」:Sたんぱく質だけを作り出すDNAワクチンとして直接人体に接種し、ヒトの体内でSたんぱく質を合成、抗原として認識させるもの。

 米国ハーバード大学グループがアカゲザルで有効性を確認、米イノビア社や日本の大阪大学アンジェス社のグループDNAワクチンを開発しています。

 さて一般に生物の遺伝情報はDNAに書き込まれていますが、新型コロナウイルスの場合は最初から外殻のなかに「施工図面」mRNAが格納されています。

 私たちの細胞がウイルスに感染すると、いきなりmRNAが送り込まれてきて、細胞本来の働きができなくなってしまいます。

 このmRNAの状態で外殻のSたんぱく質を直接、ヒトの体内で作らせてしまおう、というのがmRNAワクチンの戦略です。

F 「mRNAワクチン」:ウイルスのSたんぱく質(あるいはその一部だけ)を作り出すmRNAを油の球の中に封じ込めてワクチンとして直接人体に接種し、ヒトの体内でSたんぱく質を合成、抗原として認識させるもの。

 米国モデルナ社はSたんぱく質を作り出すmRNAを油の球に封じ込めたワクチンを開発、米国ファイザー社とドイツのビオンテック社のグループはSたんぱく質の中でも特に、私たちの宿主細胞に侵入するための「レセプター結合部位」Receptor Binding Domain RBDを合成する部分のmRNAだけを油の球に封じ込めたワクチンを当初は開発しました。

 しかし、抗原認識率が低く、現在日本で接種されているのは、Sたんぱく質全体を複製したmRNAワクチンです。

 ファイザーワクチンと並んで話題に上るのが、英国のアストラゼネカ社の開発した「アデノウイルスベクターワクチン」、これが残る最後のワクチンということになります。

G 「アデノウイルスベクターワクチン」:ウイルスのSたんぱく質を作り出すmRNAを、人間に容易に感染して結膜炎などを引き起こす「アデノウイルス」の遺伝子の一部に置き換えて製剤、接種することで、体内でSたんぱく質を合成、抗原として認識させるもの。

 英国の名門オックスフォード大学とアストラゼネカ社が共同で開発したのは、チンパンジーに感染するアデノウイルスを用い、これを運び屋=「ベクター」としてDNAの一部を新型コロナSたんぱく質の遺伝情報に置き換え、ヒトの体内にDNAを送り込もうと考えて作られたワクチンでした。

 しかしまた、どうして「チンパンジー」なのか?

 それは、ヒトに結膜炎などを起こさせるアデノウイルスを用いると、多くの接種者がすでに抗体を持っていて、そもそもベクターウイルスに感染しないことが懸念されるからです。

 保守的なオックスフォード大学だからというわけではないでしょうが、英国チームは、壊れやすいmRNAを油の球に封じ込めるような賭けではなく、より堅固なDNAの形で、しかもアデノウイルスという天然の鎧の中に封じ込めることで、手堅い新型コロナワクチンを作り出そうとしたように見えます。

 しかし、このワクチンは1度目の接種を行うと、理屈の上では2度目を打っても、そのチンパンジー・アデノウイルスに対してすでに抗体を持っているはずですから、免疫に跳ねられてしまいます。

 このあたりを生真面目に考えて作られたのが、ロシアが世界で最も早く承認したスプートニクVワクチンです。

 ヒトに風邪を引き起こすアデノウイルス2種類をベクターに、第1剤、第2剤が設計された、手の込んだものです。

 ただし、ヒト・アデノウイルスを用いているため、すでにそのベクターウイルスに免疫を持っていたら、このワクチンは効かない可能性がある。

 他方、スプートニクVのロシアチームとも協力関係にあるアストラゼネカ社の製品は、同じチンパンジーのアデノウイルスを用い、2回目も、局所的な筋肉注射で、接種部位近くだけ小さく感染すればよいか・・・といった、やや旗色不鮮明な作戦を取って、開発期間や開発費を節減したように見えます。

人類史上初「mRNAワクチン」の功績

 ファイザー社やモデルナ社が実用化に成功した「mRNAワクチン」は、2020年以前、人類未踏の存在でした。

 率直に言って私も、2020年の時点ではうまくいくとは思っていませんでした。オックスフォード大学やアストラゼネカ社の初期見解と一緒です。

 ところがmRNAワクチンが実現され、接種してみると予想に反して功を奏し、成功裡に注射され続けているというのが2021年以降の現状になります。

 ここで冒頭の問い、ワクチン接種に当たって「不妊」や「流産」のデマが流れた背景を考えてみます。

 ファイザーワクチンターゲットとして特化したコロナ「Sたんぱく質」の「レセプター結合部位」RBDは、いわば「鍵」となって、私たちの細胞表面にある「レセプター」と結びつきます。

 いわば「鍵穴」で、このレセプター(宿主細胞受容体)はACE2と呼ばれる部位、細胞表面に発現している「酵素」であることがすでに突き止められています。

 そして、この「レセプターACE2の性質が、様々な誤解を生み出しているらしいのです。

 ACE2は全身のあらゆる細胞に平等に発現しているわけではありません。

 鼻や喉の細胞には少し。肺にはたくさん発現し、腸にも現れている。だから新型コロナによる咽頭炎や喉頭炎は軽傷で済み、肺炎は一気に重症化し、他に腸炎なども報告されているのです。

 ACE2はほかにも

卵巣(https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0015028210010137)、精巣(https://www.mdpi.com/2073-4409/9/4/920)、子宮内膜(https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/1933719108327593)などヒトの生殖細胞に多く発現することが医科学的に確認されているのです。

 これを、サイエンスと縁遠いライターが不用意に伝えたり、リテラシーを欠いた状態で誤読した結果が査読不在のネット環境でデマを生み、その伝言ゲームが続いて埒もないことになってしまったらしい。

 卵巣や精巣にACE2が発現しているからといって、新型コロナウイルス性卵巣炎の症例が多数報告されているわけではないし、それによる不妊とか、妊婦さんがワクチンを接種して流産したといった臨床報告があるわけではありません。

 こうしたデマに惑わされないためにも、誰かが言ったこと(それが仮に大本営発表であったとしても)を鵜呑みにするのでなく、医科学に照らして自分自身の理非分別で判断することが大切です。

 不明点は結論を急がず、ネット上で医科学に通じた人に尋ねてみるなど、合理的な対処が必要不可欠であると思います。

(つづく)

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  必ず来る第5波:感染しないウイルス対策の知恵

[関連記事]

コロナ・ワクチンは打つべきか、打たざるべきか?

新型コロナウイルス感染症「特効薬」の秘密

新型コロナウイルス感染症用のワクチンは最新技術を駆使しているだけに「不安」を覚える人も多い