オタイオーディオ株式会社が主催する“音楽と映像の融合”をテーマとした映像作品を対象としたオンラインコンテスト

「OTAIRECORD presents ビートグランプリMUSEUM 2021 supported by TuneCoreJapan
https://beatgp.com/

決勝進出者の作品と優勝者の発表の特別番組を、国内最大級の動画配信サービスであり、業界最高水準の「音質と画質」の配信を行い、数多くのビッグアーチストの有料ライブ配信の実績のある「U-NEXT」の後援を受け、無料配信をする事が本日2021年6月29日に決定しました。

同時に過去のビートグランプリ受賞作を振り返る番組も配信予定です。

さらに、ビートグランプリの過去映像もU-NEXTでお楽しみ頂けますので、この機会に1 か月の無料ト
イアルで是非お楽しみください。

大会結果の番組をご視聴するには、会員登録等をする必要はありません。
後日発表されるURLで直接番組にリンク可能です。

今回、音楽と映像の融合作品を紹介するにあたり、「U-NEXT」とのコラボレーションは、同社のビートグランプリへの深いご理解によって実現されました。

また、楽曲審査員第2弾の発表が決定しました。

数々のCM音楽映画音楽を手がけるなど、広告音楽を中心にエッジの効いた音楽を作り続ける音楽制作会社iinomusic.inc代表のいいの まさし氏が新たに審査員として参画。

SixTONES, SUNMI(K-pop), EXILE, THE RAMPAGE, GENERATIONS など、著名なアーティストプロデュースや楽曲提供を行っているトラックメイカープロデューサーTOMOKO IDA氏の参加も決定しました。

今年のビートグランプリは、バーチャル映像部門、実写映像部門の二部門で開催。楽曲審査員には、両部門を兼任して頂き、予選を勝ち進んだ各14 名の楽曲審査を行います。

映像については、別途映像専門の審査員を各部門それぞれ3名の参加が決定しています。

映像作品のコンテストということもあり、審査員陣も中々見られない豪華な顔ぶれとなっています。

ますます熱い今年のOTAIRECORD presentBeat Grand Prix MUSEUM 2021」supported by
TuneCore Japan

クリエーターの皆様のご応募お待ちしています。

U-NEXTについて
2007年、「GyaO NEXT」としてサービス開始(2009年に名称変更)。本社は東京都品川区。動画
のみならず、電子書籍(雑誌、マンガ等)や音楽を組み合わせた総合的なエンターテイメントラットフォームを実現。音楽ジャンルに関しては特に、高画質高音質な体験の提供に力を入れている。

■いいの まさし 氏について
Music Producer / Composer
下北沢中心にピッチトークスという名義で活動、YAMAHASonyMusic徳間ジャパンから作品リリー
ス。
作曲家としてCM 音楽、映画音楽アニメ音楽を手掛けた後、2008 年広告音楽プロダクションにて音楽プロデューススタート2014 年iinomusic inc. 設立。
ダイキンCM「ぴちょんくん」のCD 「も~ど~にでもして~」(監督と共作)。
篠原哲雄監督第8 回ジュネーブ国際映画祭グランプリ映画「女学生の友」音楽を手掛ける。
阿部雄一監督「すべり台」(オムニバス映画「JamFilmsS」主演:石原さとみ映画音楽担当。
ガールポップカルチャーのアイコンハナエ3rdAlbumSHOW GIRLSound Produce。
など

http://iinomusic.com/

TOMOKO IDA 氏について
東京都出身。国内外でも数少ない女性トラックメイカープロデューサー
6 歳からピアノダンスを習い、その頃からHIP HOP カルチャーに興味を持つようになる。DJ 活動中にトラックメイクを始め、間も無くネットワーク作りの為に2008 年、2009 年はニューヨークで活動。

帰国後、2010 年に横浜アリーナで開催の「BEAT CONNECTION」でベストサウンド賞を受賞、2 人組
女性ユニットビートメイカーとして日本でメジャーデビューを果たす。
その後も海外での活動も勢力的に行い、NY のブルックリンヒップホップフェスティバル公式イベントやHOT97 主催イベントでのオープニングアクトを勤め、その他アトランタロサンゼルスベトナム、台湾、ロンドンラスベガス等の都市や国でMPC ライブパフォーマンスで出演。
2016 年から本格的に音楽プロデューサーとして活動を始め、現在は日韓トップアーティストに楽曲提
供。
Billboard Japan チャートやオリコンチャートで1 位を獲得した(RIAJ トリプル・プラチナ/ ダブルプラチナディスク認定) 作品多数に携わる。
また、国内ドームアリーナツアー等、大規模コンサートでのインストゥルメンタルダンストラックを手掛けるトラック職人としても活躍中。

プロデューストラック提供アーティストSixTONES, SUNMI(K-pop), EXILE, THE RAMPAGE,
GENERATIONS, EXILE THE SECOND, CRAZYBOY, SWAY, MARIA, ちゃんみな, ASOBOiSM etc..

https://www.tomokoida.com/
Instagram: @tomokoida

Beat Grand Prix MUSEUM 2021 審査員について】

■楽曲審査員(両部門共通) アルファベット順、敬称略。
いいの まさし(Masashi Iino)
Mitsu the Beats (GAGLE / Jazzy Sport
nono.musiq(Nq)
Taku Takahashi (m-flo,block.fm,OTAQUEST)
TOMOKO IDA
TOMOYUKI TANAKA (FPM
Watusi (COLDFEET)

■映像審査員 アルファベット順、敬称略。
バーチャル映像部門
Franois Serre (フランスCourant 3D ディレクター
砂守 岳央(ゲーム/アニメ音楽作家)
鈴木 光人(スクウェア・エニックス

・実写映像部門
村尾 輝忠(TV 音楽番組制作ディレクター
奥本 宏幸(CM 映像制作ディレクターNOBISHIRO LABO 代表)
Shintaro Kunieda(Pitch Odd Mansion / ITEMA



配信元企業:オタイオーディオ株式会社

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ