中国では「遼寧」と「山東」の2隻の空母が就役しており、このうち「山東」は中国国産だ。新たな空母も建造中とされ、中国のネット上では空母に関する話題がホットなテーマの1つとなっている。そんな中国からすると、日本の海上自衛隊の動向がとても気になるようだ。

 中国メディアの百家号はこのほど、「日本がヘリ空母を改修してF35Bを搭載したら、アジア最強の空母になるのか」と問いかけ、中国の空母と比べてどちらが強いかを分析する記事を掲載した。

 記事はまず、日本ではヘリ空母とも称される「いずも型護衛艦」を正真正銘の空母に改修し、最新鋭ステルス戦闘機であるF35Bを搭載する計画だと紹介した。さらに、ひゅうが型護衛艦についても、改造してF35Bを搭載できるようにするかもしれないと伝えている。

 では、いずも型護衛艦が空母となって艦載機を搭載できるようになった場合、中国の「遼寧」や「山東」と比べ、どちらが強いのだろうか。記事の中国人筆者は、あくまでも「個人的な見解」と前置きしたうえで、「いずも型護衛艦の方が強いと思う」と述べている。主な理由は艦載機の性能で、日本はステルス戦闘機F35Bであるのに対し、中国の空母は殲15(J15)で、ステルス性に劣るためと認めた。それで、日本の動向を強く警戒すべきだとしている。

 また、ひゅうが型護衛艦にも艦載機を搭載する可能性について、記事は、「可能性はゼロではないだろうが、いずも型より小さいので可能性はかなり低いと思われる」と分析する一方、空母化に向けた改修とその後の運用については中国としては警戒せざるを得ない動きであると強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

いずも型護衛艦にF35Bを搭載したら「それはアジア最強じゃないか」=中国