2022年5月の韓国大統領選挙を見越した動きが、ここに来て慌ただしくなりつつある。有力候補と目されて来た人物がここ数カ月で相次いで動きを見せ、大統領選挙を意識した発言を始めているからだ。

JBpressですべての写真や図表を見る

 こうした中、早くも韓国らしい足の引っ張り合いとネガティブキャンペーンが始まっている。この国の正義と民意をまざまざと見せつける展開だ。

 これまでに大統領候補として、日本や米国に対する敵対心をむきだしにしている京畿道知事の李在明(イ・ジェミョン)氏、前首相で、これまた竹島問題を持ち出し「東京オリンピックボイコット」について言及した李洛淵(イ・ナクヨン)氏といった顔ぶれが注目されている。

 その中で突如として浮上した新星が、前検事総長を務めた尹錫悦(ユン・ソンギョル)氏である。1960年まれの尹氏は法の道を志し、韓国の最高学府であるソウル大学の法学部に入学した。在学中は日本の一橋大学にも留学しており、将来を嘱望された人物だったという。

 また尹氏は、若き頃から大胆でかつ一貫して意思を貫くタイプだった。

 1980年に起きた光州事件の模擬裁判を大学の授業で実施した時のこと。検事役として授業に臨んでいた尹氏は、「弾圧行為に踏み切った」として、当時の大統領だった全斗煥(チョン・ドファン)氏に死刑を求刑した。

 模擬裁判とは言え、当時は軍事政権下で、現在以上に大統領の権限が強かった時代である。また、将来的に司法に関わる人材の卵でもある法学生が大統領に「死刑」を求刑するとは前代未聞であり、問題視された。

 ちなみに、尹氏は優秀な学生でありながら司法試験の合格までに9年を要している。理由は定かではないが、前述の学生時代の模擬裁判が影響を及ぼしているという見方がある。

前大統領を実刑に追い込んだ尹氏の腕力

 こうした意思の強さと熱さも相まって、検事になった尹氏は司法の中で頭角を現していく。

 朴槿恵パク・クネ)政権下で起きた崔順実(チェ・スンシル)ゲート事件では、特別検事のチーム長として指揮をとった。崔順実ゲートとは、朴前大統領と共謀して、崔氏が財閥や大企業に賄賂や資金提供を強要したという疑惑である(崔氏、朴氏ともに実刑が確定している)。

 こうした実績や手腕が文在寅大統領からも評価され、尹氏は検察総長候補に指名された。文大統領の悲願とも言われる「検察改革」を進めるためだ。ここまでは蜜月関係と言えよう。

 事態が急展開したのは、尹氏の大学の後輩でもあり、法相に就任した曹国(チョ・グク)氏と家族のスキャンダルに対して、厳しく追及し、起訴に踏み切った時である。この結果、曹氏は法相を辞任。これがきっかけとなり、尹氏と文大統領の関係に亀裂が入った。

 その後は文大統領との間で対立が鮮明となる。曹氏の後任となった秋美愛(チュン・ミエ)氏が検察幹部の大幅な人事異動を実施、尹氏自身に対しても史上初となる検事総長の職務停止命令を下すなど、検察は混乱状態となった。

 だが、国民の間からは低迷する文大統領に毅然と立ち向かう姿勢などが評価され、尹氏を次期大統領候補にという意見も聞かれるようになった。
 
 そして2021年6月29日、正式に大統領選挙への出馬を表明する。政策や抱負を問われた中で「日韓関係」についても触れ、「関係改善に取り組んでいきたい」という意欲を示した。前述の候補者との違いをアピールする狙いがあったものと思われるが、尹氏の出馬宣言と日韓関係への言及は日本のメディアも反応し、関心を持って報道された。

大統領出馬宣言の後に落とされた爆弾

「新たな大統領候補」として注目を浴びている尹氏だが、大統領選出馬宣言を待っていたかのように爆弾が落とされた。スキャンダルである。しかも、尹氏本人ではなく、尹氏の妻とその母(尹氏の義母に当たる)を巡るもので、これが波紋を呼んでいる。

「尹錫悦Xファイル」と呼ばれるスキャンダルの一つが、尹氏の妻、金ゴンヒ氏を巡る報道である。

 1972年まれの金氏は尹氏と2012年に結婚した。尹氏と金氏がともに晩婚であり一回りの年齢差があったこと、さらに金氏の女優然とした美貌や活躍する実業家としての素顔もあり、二人の結婚は話題をさらった。

 ところが、ここに来て金氏がかつて「ジュリー」という源氏名で高級クラブのホステスをしていた過去や、大学時代に美術学科で西洋画を専攻したという経歴の詐称疑惑が持ち上がっている。彼女の高校時代のアルバムまで晒されている状況だ。

 自身に対するスキャンダルに、「ホステスのジュリーって誰よ」「一連のスキャンダルは誰かが書いた小説」と金氏は強い調子で否定している。

 スキャンダル報道は金氏のみにとどまらず、彼女の母親にまで波及している。この母親は尹氏にとって義母に当たるが、義母が高齢者施設である「療養病院」を経営していた際に、多額の給付金を受け取ったとして詐欺罪で起訴されたのだ。7月2日に懲役3年の実刑判決が言い渡され、判決後、義母は身柄を拘束されている。

 義母の判決に対して、尹氏は「法の適用は誰に対しても例外はない」というコメントを発表し、静観する構えを見せた。

 自身から出たスキャンダルではなく、妻とその家族の醜聞を、尹氏がどのように切り抜けていくかに注目が集まっているが、尹氏を巡る家族のスキャンダル報道はまだまだ止みそうにない。

ネガキャンしかできない韓国の政治家

 本人及びその家族のスキャンダルが勃発する流れは、何も大統領候補者に限らず、企業人、芸能人など著名人には避けて通れない宿命だ。韓国であればなおさらであろう。

 今回の金氏のように、過去に水商売をしていた、学歴に偽りがあるといった類いの話は、真偽は別としても、韓国ではスキャンダルの筆頭として取り上げられることが多い。この他、借金や男性であれば兵役問題もネタになりやすい。特に、学歴や兵役、金銭のスキャンダルに対する国民の目は厳しく、芸能人や政治家とその家族が批判の渦に巻き込まれることは少なくない。

 加えて、現在は新聞やテレビなどの既存メディアよりもYouTubeSNSといったソーシャルメディアの影響力が大きくなりつつある、それだけ拡散力と燃焼力が大きく、著名人にとっては脅威の存在だ。

 もっとも、過去を振り返れば、大統領選挙における両陣営のネガティブキャンペーンは、いささか言い過ぎなことを承知で言わせてもらえば、「目くそ鼻くそ」のレベルで、互いの欠点ばかりを口撃し合うものが目立つ。そこに、国民のための政治や正義といった姿は見えてこない。

 今回の尹の身内を巡るスキャンダルについても、尹氏と曹国氏、文大統領の対立が鮮明であったことに加えて、尹氏が入党すると見られている野党「国民の力」に警戒感を強める人間のリークという見方もある。「国民の力」は今年6月、党首に36歳の李俊錫(イ・ジュンソク)が就任し、注目を集めている。

 尹氏の妻のスキャンダルに関しては「ゴシップ記事の域を出ないような内容」「宿敵である曹国氏と、その家族のスキャンダルの方が不正という意味ではひどかった」という声も聞こえる。

 先週末に行われた世論調査では、大統領候補への支持率として李在明氏が25%、尹氏が24%と接戦となっており、この数字を見る限りでは、尹氏の家族スキャンダルが影響を及ぼしているとは言い難い。

 政策を戦わせる以前に、相手やさらにその家族のスキャンダルで蹴落とそうとするやり方にはうんざりする国民は多い。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  「分断されるべきは日本だった」韓国のトランプの危険な歴史認識

[関連記事]

元寇をどう思う? 中国人に聞いたら誰もが見せた意外な反応

北朝鮮の「点滴液は水と砂糖、点滴容器はビール瓶」は本当だった

大統領選への出馬を表明した尹錫悦氏(写真:AP/アフロ)