ある企業は、この5カ月(今年1月~6月30日まで)で、677ウォン(約66円)だった株価が6500ウォン(約637円)へ、別の企業は2845ウォン(約279円)の株価が2万2400ウォン(約2195円)へと跳ね上がった。それぞれの上昇率は860%と687%。

 時の政治家の政策や地縁、血縁、出身校関連により動く「政治テーマ株」。来年3月の大統領選挙候補者を巡る「大統領テーマ株」もこの春頃から動き出しており、冒頭の2社は前者が「李在明京畿道知事」関連株、後者は「尹錫悦前検事総長」関連株だ。

大統領選挙の出馬ラッシュ続く

  韓国では大統領選挙への出馬宣言ラッシュが続き、秋の予備選挙までの熾烈な闘いが始まって、かまびすしくなってきた。

 正式に出馬宣言をしていない候補者まで含めると、与党「共に民主党」からは8人、野党側からは13人もの候補者が乱立している。

 各世論調査で1位、2位を争い、今のところ次期大統領として有力視されている尹前検事総長は無所属のまま野党側の候補者のひとりとして6月29日に、李知事は2日後の7月1日に出馬宣言を行った。

 尹前検事総長は「反文在寅政権の象徴」として浮上した人物。

 2019年9月から文在寅大統領の側近として知られた曺国元法相一家への捜査を押し進め、辞任に追い込むと現政権との確執は決定的なものとなった。

検事総長は大統領が指名

 検事総長は大統領が指名する。かつて李明博朴槿恵両元大統領を起訴に持ち込んだ手腕を買われての抜擢だったが、「人には忠誠を尽くさない」という言葉通り政権に忖度しないその姿勢に保守派や文在寅政権へ不満を持つ中道層からにわかに注目が集まった。

 その名前が次期大統領候補として初めて挙がったのは、昨年1月。当時は1%(世論調査「韓国ギャラップ」)ほどの支持率にすぎなかったが、現政権が尹前総長を叩けば叩くほど、支持率は上昇するばかり。曺元法相の後任、秋美愛前法相との1年あまりのバトルは尹前検事総長の人気をさらに引き上げたといっても言い過ぎではない。ちなみに秋前法相も与党から大統領選挙の候補者として名乗りを挙げている。

政界入りへの期待。支持率は急上昇

 秋前法相とのバトルの末、尹前検事総長が今年3月、4カ月の任期を残したまま電撃的に自ら辞意を表明すると、政界入りへの期待が膨らみ、支持率は急上昇。ある世論調査によれば、「共に民主党」の李知事との両者対決では尹前検事総長25%VS李知事24%(韓国ギャラップ7月2日)、別の調査では同33.9%VS同26.3%(リアルメーター、7月6日)と拮抗している。

 尹前検事総長の出馬宣言が期待される中、満を持しての6月29日の会見だったといわれた。記者会見では反政権の象徴よろしく現政権批判が大半を占めた。ただ、印象に残るようなビジョンは語られなかったことで、与党からは「政治を勉強したほうがいい」と皮肉られ、中道層からの反応も様子見の雰囲気が漂った。中道系紙記者は言う。

成功への今後のポイント

 「まずは保守派の票取り込みのための戦略をとり、会見の内容が現政権批判に集中したのかと思いますが、少しやり過ぎた。『(現政権は)国民を略奪した』など極端な表現が使われたため、中道層が引いたところもあったのではないでしょうか。

 保守でもなく進歩でもない、第3地帯から出馬した候補者で成功したケースは今まで一度もありません。潘基文元国連総長は、2017年大統領選挙で正式ではありませんが、第3地帯から事実上出馬した後、ネガティブキャンペーンが始まるとそれを処理できずにあっという間に辞退したのがいい例です。

 今後、どの時点で『国民の力』(野党第一党)に入党するかがひとつのポイントになるでしょう」

 尹前検事総長は「国民の力」という“色”がついて支持率が落ちることを怖れて入党を延ばしていると囁かれており、その去就が注目される。

 一方、李知事はYouTubeでの非対面会見という方式をとった。会見の内容は現職知事なだけあって政策中心の内容となった。

 最悪といわれる日韓関係についての見解は真逆に分かれた。

与党の支持率低下の原因

 尹前検事総長は「外交は実用主義、実事求是、現実主義に立ったものでなければならないが、理念に偏った竹槍歌を歌ってここまで(最悪といわれる日韓関係まで)きた」と現政権の政策に問題があると批判し、「元徴用工、元慰安婦問題、韓日の安保上での協力、経済・貿易問題などの懸案事項はすべてをひとつのテーブルにのせたグランドバーゲン式(一括方式)でアプローチすべきだ」と語った。

 竹槍歌は、曺元法相が好んで使った言葉で、与党の支持率を低下させたひとつの原因となった曺元法相の名を戦略的に使った国内向けの発言とみられている。

 対して李知事は「日本国民に対して恨みや反感はないが、問題は保守、右翼の政治集団だ」と話し、日韓で懸案事項となっている元徴用工や元慰安婦問題については「許すという行為は被害者が行うもの」と日韓の関係悪化の原因は日本側にあるとした。過去の発言も含めて見ると、仮に、李知事が次期大統領となれば、日韓関係はさらにこじれる可能性が高い。

 また、「大韓民国は親日勢力と米占領軍が合作した」と発言したが、これについては与・野党から非難の声が飛んだ。尹前検事総長も「歴史歪曲だ」と応戦。しかし、中道系紙・韓国日報が「未来について話すべき大統領選挙で消耗的な“占領軍”論争」(7月5日)と書いたように、「こういう論争に20・30代も含め中道層は辟易としている。今までとは違う大統領選挙が見たい」(別の中道系紙記者)という声も出ている。

 第一の関門は大統領選挙へ正式に出馬するための与・野党の各予備選挙だ。

夫人を巡るスキャンダル

 尹前検事総長は政治家としての力量が検証済みでもなく、出馬宣言前には尹前検事総長を巡る不都合な真実を集めた「Xファイル」が存在すると、ひと騒動あった。夫人を巡るスキャンダルも出始めている。夫人が過去、クラブで「ジュリー」という源氏名で働いていたという話を聞いたことがあると秋前法相が指摘し、与党関係者の一部が問題視した。一方の夫人は完全に否定している。

 7月2日には特定経済犯罪の疑いで係争中だった夫人の実母が1審で懲役3年の実刑となり法廷で拘束され波紋が広がっている。また、野党側から今後支持率が上がる新たな有力候補者が出る可能性も十分ある。先日、任期半ばで辞任した崔在亨前監査院長が政界入りを宣言しており、大統領選挙出馬も取り沙汰されている。

 与党の主流派「親文派」(文大統領を熱烈に支持する派)ではない李知事は、予備選を勝ち抜くためには与党内の親文派を取り込まなければならないが、秋美愛前法相を除いた6人の候補者は反李在明で包囲網を組んでおり、さながら“ 李在明聴聞会”のようになっている。過去に燻った女優とのスキャンダルや親戚を巡る暴言について今回与党から蒸し返され攻撃され続けている。

 先日のテレビ討論では女優スキャンダルを再び俎上に載せた相手(丁世均前首相)へ李知事は思わず「もう一度ズボンを脱ぎますか」と激高した態度を見せ、その態度に与・野党から非難が飛んだ。この発言は、過去に女優スキャンダルを巡る疑惑の最中、女優が証言したほくろの位置を確認したことがあったためだ。病院で医師が検診し、ほくろほくろを除去した形跡はないということで騒動は収まっていた。

 韓国では政権交代論が49%を占めている(政権維持は38%、韓国ギャラップ)が、果たして最後に残るのは誰か。

 さて、冒頭にあげた大統領選株。各候補者出馬宣言直後、動きがあった。李知事関連のテーマ株は3%ほど上がったが、尹前検事総長のテーマ株は36%ほど下落した。

 韓国の大統領選挙はどこかでドラマさながらの動きが出てくる。大統領選株もそれに伴いこれから乱高下を繰り返すことになる。

(菅野 朋子)

©️AFLO