木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。7月のゲストには、SixTONESからジェシーさんと田中樹さんが登場。7月4日(日)の放送では、グループ名の由来やジャニー喜多川さんの前でCDデビューを告げられたときのことを振り返りました。



SixTONESグループ名の真実は…!?
ジェシーさん、京本大我さん、松村北斗さん、髙地優吾さん、森本慎太郎さん、田中樹さんの6人からなるSixTONES

グループ名の由来は、さまざまな説があるため、木村は「(SixTONESという)名前のことって、けっこうたくさん聞かれるでしょ? 事実はどれなの?」と問いかけます。

田中さんによると、結成時、ジャニーさんからは“SIXTONES”とすべて大文字表記で、読みは“シックストーンズ”と名付けられたそう。「僕たちがライブで『僕たち、SIXTONESシックストーンズ)になりました!』って発表した次の日に、ジャニーさんがそのライブの控え室に来て、『“SIXTONESシックストーンズ)”は長くてイヤだ』って急に駄々をこね始めたんですよ(苦笑)」と打ち明けます。

グループ名の呼び名を「ストーンズにしたい」と直訴したのは、メンバーだったと思っていた木村は、「そうなんだ!? ジャニーさんのほうから『長いよ!』って(言われたんだね)?」とビックリ

田中さんいわく、長さに加え、ジャニーさんからは「“SIXTONESシックストーンズ)”だと、ファンの人に略されちゃうからイヤだよ」と言われ、「(メンバーが)『じゃあどうするの?』って聞いたら、ジャニーさんがホワイトボードSIXTONESの“IX”だけ小文字にして書いて、『これで“SixTONES(ストーンズ)”だ。ixは小文字だから読まないんだよ。SixTONESは6つの音色で、ストーンズと読んで“原石”って意味だよ。それで略されないよ!』って言った3日後ぐらいに、ファンはもう『スト』って略していました(笑)」と当時を振り返ります

しかも、ジャニーさんの命名にまつわるエピソードグループ名だけでなく、ジェシーさんの名前にも。もともと「ルイス・ジェシー」という芸名で活動していたものの、「名前が長いから中止になったんですよ」とジェシーさん。当初、「YOU、“ルイス”なくしちゃいなよ」と言われ、ジェシーと名乗ることになったそうです。

続いては、CDデビューを告げられたときの話題に。SixTONESは、2015年の結成から5年のときを経て、2020年1月にSnow Manと両A面シングル「Imitation Rain / D.D.」でCDデビュー

木村は「デビューが決まったときに、『キミたちデビューするよ』って告げられたらしいけど、それってどういうシチュエーションだったの?」とあらためて質問します。

田中さんは、メンバーがCDデビューを知らされたのは、ジャニーさんが入院していたときの病室だったと言い「SixTONESSnow Manのメンバージャニーさんの病室に急に呼ばれて、ジャニーさんの目の前で『2組同時にデビューします』って」と当時の状況を説明すると、「スゲェ会社!」と驚く木村。

結成から5年。待ち望んでいたCDデビュー決定の吉報に、田中さんは「僕たちもめちゃくちゃうれしかったんですけど、病室なので『やった~!』もできず、(静かに)『は……はい』って」と当時を振り返ると、ジェシーさんも「ジャニーさんの横にいって、みんなで『ありがとね!』って言いました」とコメント

あらためて田中さんは「けっこう静かに告げられて、僕たちも静かに腹をくくるような感じでしたね」としみじみと語りました。

次回7月11日(日)の放送も、引き続きジェシーさんと田中さんゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!


<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/
木村拓哉「ジャニーさんのほうから…!?」SixTONES“グループ名の由来”に驚き