詳細画像はこちら

ノート・オーラ なぜ後から出した?

text:Yoichiro Watanabe(渡辺陽一郎)
editorTaro Ueno(上野太朗)

2021年6月15日、日産はノートオーラを発表した。

【画像】日産の復活請負モデル【ノート/ノート・オーラを比較】 全180枚

2020年11月に現行ノートを発表して(納車を伴う発売は12月)、半年後には早くも上級モデルを加えた。

詳細画像はこちら
日産ノートオーラ

ノートX(価格は218万6800円)に、プロパイロットを含めたセットオプション(42万200円)、LEDヘッドランプ(9万9000円)を加えると270万円を超えてしまう。

ノートオーラG(261300円)の価格に近付く。

そうなるとノートを既に購入したユーザーの中には「ノートオーラが登場するなら、ノートを発売した時に知りたかった。そうすればノートオーラを待ったのに……」という人もいるだろう。

なぜこのような売り方をするのか。

開発者に尋ねると、以下のように返答された。

ノートノートオーラは、別のクルマだと考えている。(別車種の)エクストレイルがフルモデルチェンジするのと同じようなことだから、ノートの発売時点でノートオーラの話はしなかった」

ノートオーラフロントマスクは、ノートと少し異なり、前後のフェンダーと後席側のドアパネルも変更されている。

そのために全幅も40mm広がって1735mmになり、3ナンバー車としたが、車両全体を見ればノートだと分かる。

車名にも「ノート」が入るので、上級モデルと考えるのが妥当だろう。

日産の思想 あくまで上級モデルではなく……

ノートオーラは、客観的にはノートの上級車種だが、前述の通り日産は「別のクルマ」としている。その意図は販売計画台数を見ると分かる。

ノートオーラの販売計画は、1年間に5万1000台とされ、1か月平均なら4250台に達する。

詳細画像はこちら
日産ノートオーラ(左)/ノート(右)

ノートの販売目標は1か月当たり8000台だから「ノートノートオーラ」のシリーズ全体では、1か月に1万2250台の登録を見込む。

このうちの35%をノートオーラが占めるわけだ。

販売規模の大きさを考えると、ノートオーラは、ノートから独立した「別のクルマ」といえるかも知れない。

ノートオーラを大量に売りたい背景には、現行ノートが先代型に設定していたノーマルエンジンを廃止して、ハイブリッドのeパワーのみにしたことも挙げられる。

ノーマルエンジンを廃止した理由を開発者に尋ねると「先代ノートでは、eパワー売れ筋で、ノート全体の約70%を占めた。そこで現行型はeパワーに絞ってノーマルエンジンを廃止した」という。

ただし逆の見方をすれば、ノーマルエンジンが約30%を占めていた。

これが欠落すると販売面のマイナスも大きい。

2021年1~5月におけるノートの登録台数は、1か月平均で7961台だから、発売直後なのに目標の8000台に届いていない。

今は半導体の不足で生産が滞り、差し引いて考える必要はあるが、コンパクトカーの新型車としては登録台数が物足りない。

また前年(2020年)の1~5月におけるノートの登録台数は、1か月平均で7139台であった。

2021年1~5月は7961台だから、コロナ禍とフルモデルチェンジの直前で苦戦を強いられていた前年と比べても、現行型の登録台数は伸び悩む。そこをノートオーラの追加で補うわけだ。

オーラが売れると日産に好都合

ノートオーラが目標どおり1か月当たり4250台、ノートと合計して1万2250台を登録すれば、両車を合計すると小型/普通車の実質販売1位になる可能性も生じる。

ちなみに今の小型/普通車の販売1位は、統計上はヤリスだが、この中にはSUVヤリスクロススポーツモデルGRヤリスも含まれる。

詳細画像はこちら
日産ノートオーラ

少なくともヤリスヤリスクロスは、一般的には別のクルマだから、登録台数も別々に算出すると最近の1か月平均は両車とも9700台前後だ。

今の実質1位は、約1万2000台のルーミーになる。

この状況でノートノートオーラが順調に売れると、ルーミーを抜いて、小型/普通車の登録台数実質1位になる可能性も生じる。

そうなれば日産にとって非常に都合が良い。

先代ノートが設定していた低価格のノーマルエンジン車を廃止したかわりに、高価格の上級モデルを堅調に販売できるからだ。

メーカーや販売店の受け取る1台当たりの粗利も増える。

開発費用でも有利だ。ノートオーラもボディを別設計して内装を上質に仕上げ、モーターの性能を向上させたが、基本のメカニズムに大きな違いはない。

設計の異なるノーマルエンジンCVT(無段変速AT)を用意して、しかも150170万円の低価格で売るのに比べると、ノートオーラは費用対効果も優れている。

オーラ 実はかなりお買い得?

以上のようにノートオーラは、開発費用を節約しながら、ノートの売れ行きを効率良く増やすために設定された。そこで価格も割安に抑えている。

前述のとおりノートXの価格は218万6800円ノートオーラGは261300円だ。

詳細画像はこちら
日産ノートオーラ

ノートオーラGは、ノートXに比べて42万3500円高いが、標準装着される装備もかなり異なる。

ノートXでは、対向車などの眩惑を防ぐアダプティブ機能を備えたLEDヘッドランプ、後方の並走車両を検知して知らせる後側方車両検知警報、車両の死角を上空から見たような映像で表示するインテリジェントアラウンドビューモニター、液晶タイプのインテリジェントルームミラーアルミホイールなどはすべてオプション設定になる。それがノートオーラGには、標準装着されている。

上記のノートXにオプションで、ノートオーラGに標準装着される装備を価格に換算すると、約26万円になる。

ノートノートオーラの価格差は、前述の約42万円だが、このうちの26万円は装備の違いで埋まる。

そうなるとノートオーラは、残りの16万円で外観や内装が上級化され、モーターの性能も高まり、ボディのワイド化に伴うトレッド(左右のホイールの間隔)の拡大で走行安定性も向上する。

これらの高品質が実質16万円で得られるなら、ノートオーラも買い得だろう。

ノートオーラを割安に用意した背景には、日産の国内戦略も絡む。日産はノートノーマルエンジン車を廃止しただけでなく、かつて人気の高かったティーダキューブも終了させた。

その結果、好調に売れる日産車は、今ではノートセレナ軽自動車デイズルークスだけだ。キックス売れ筋カテゴリーコンパクトSUVとしては伸び悩む。

これから登場する売れ筋車種には、次期エクストレイルもあるが、eパワーのみになる可能性も高い。

そうなればキックスのように販売面で苦戦するかも知れない。

以上のような事情により、日産はノートの登録台数を可能な限り伸ばす必要があり、ノートオーラを割安に加えた。

つまりノートオーラは、今の日産の国内販売が置かれた辛い現状の裏返しともいえるだろう。

ノートオーラをきっかけに、国内市場に適した車種を積極的に投入して、かつての輝きを取り戻して欲しい。


■日産の記事
【ねらいは?】日産ノート・オーラ ノートがあるのに後出し発売したワケ
【トヨタ、減産の影響は?】6月の登録車販売 車名別トップ10 新型ノート、ヴェゼルが食い込む
【ライバル比較】ヤリス・クロス/キックス/ヴェゼル 5つの視点で比べる
【迷える名車】日産スカイラインの人気おちた背景 勝利の方程式捨てたV35の功罪

【ねらいは?】日産ノート・オーラ ノートがあるのに後出し発売したワケ