明石家さんま(写真提供:JP News

お笑いタレント明石家さんまが10日放送の『第9回明石家紅白!』(NHK)に出演。ファンからサインを求められても断らない“神対応”をするきっかけとなったエピソードを明かした。


■自称「神対応日本一」

ゲストKis‐My‐Ft2・千賀健永は、ファンサインを書く行為を事務所が禁止しているため、サイン対応ができないと告白。その上で、サインを求められたときの「うまいかわし方」を教えてほしいと話す。

その相談に乗ったのが「神対応日本一」と自称するさんま。「俺は断ったことがない、サインを」と豪語しながら、千賀に助言を送っていく。


関連記事:ノンスタ石田、大物芸人との服装かぶりが発覚 証拠写真添え「ウソやろ…」

■さんまが提案したのは…

かつて、ファンからのサイン要求に応じていたら、次から次へと別のファンが殺到。列ができてしまい、商店街に迷惑をかけてしまったことがあるという。

そんな経験から、さんまは「『1人(にサインを)すると大変なんです』って正直に言うかやな」と千賀に勧める。「それかもう、『字が書けないです』って」と“お笑い怪獣”らしく、ジョークでその場を乗り切る方法も提案した。

■「それ以来どれでも書こうと」

ちなみにさんまは、過去に一度だけ、割り箸の袋にサインを書いてほしいと中学生に頼まれ、腹を立てたことがあると話す。しかし、それから20年後。

サラリーマンとなった当時の中学生新幹線の中で再会を果たすと、「今でも宝物です」と財布からあのサイン入り箸袋を出してきたという。

さんまは「それ以来、どれでも書こうと。あいつが教えてくれた。これは断ってる場合じゃない。これは断っちゃだめだ」と心に強く決めたことを振り返っていた。


■見かけたら声をかけられる?

ちなみに、しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,789名に調査を実施したところ、「街中で見かけた芸能人に声をかけたことがある」と回答したのはわずか12.2%だった。

芸能人に声かける

“あいつ”との出来事は、さんま神対応の原点にもなったようだ。

・合わせて読みたい→宮迫博之、明石家さんまに一蹴されたYouTubeを反省 「そら怒られる」

(文/しらべぇ編集部・RT

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年2月21日2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

明石家さんま、神対応の原点は“あいつ”との出来事 「これは断っちゃだめだ」