(筆坂 秀世:元参議院議員、政治評論家

JBpressですべての写真や図表を見る

菅政権にノーを突きつけた都議選

 2021年7月4日に行われた東京都議会議員選挙の結果は、一言で言えば「菅政権ノー」だった。

 選挙前の予想では、自民党公明党で過半数は確実ということだった。小池百合子都知事が作った都民ファーストの会は、45の議席が1桁になってしまうのではないかとさえ見られていた。

 4年前、自民党都民ファーストの会に完膚なきまでに叩き潰された。議席数はわずか23とまさに歴史的惨敗だった。今回の選挙前、菅義偉首相は自民党世論調査をもとに「50議席はいくよ」と語っていたそうだ。だが結果はどうだったか。50議席どころか、わずか33議席に過ぎなかった。自公を合わせても過半数の64議席に遠く及ばなかった。一方、都民ファーストの会は31議席を獲得し、予想を大きく上回った。

 原因はいろいろあるだろう。「安全安心」とか「先手、先手」などという空疎な言葉の乱発もその一つだろう。東京都に4回目の緊急事態宣言を発令する際、菅首相は自信なさげに「先手、先手」の対策だと言った。なぜこんな見え透いた馬鹿げた言葉づかいをするのか、不思議でならない。世間の誰もが先手、先手などとは思ってはいない。こんな表現に国民が“そうだ”と思うとすれば、国民を馬鹿だと思っているとしか思えない。翌日のテレビの番組表には、「後手、後手の菅政権」という見出しが立っていた。これが国民の感覚である。

 記者会見でも、まともに質問に答えたことがない。4回目の緊急事態宣言の際、記者から「これが最後ですか」という質問が出た。だがまともに答えなかった。記者が「緊急事態宣言はこれが最後かと聞いているのですが」と再度質問すると、小野日子内閣広報官が「追加質問はお控えください」と打ち切った。首相と記者の間で会話が成立しないのだから、話にならない。

 この場面を見た国民は何と思うのだろうか。小野広報官の対応は素晴らしい思う人は皆無だろう。私は出来の悪い広報官だと瞬時に思った。なぜなら菅首相の無能ぶりをさらけ出しているようなものだからだ。

 それにしても、なぜこんな愚かなことをするのだろうか。首相として、「何としてもこれで最後にしたいと思う。国民の皆様には、さらなるご苦労をかけるが、ぜひ協力してほしい」ということぐらい言えるだろう。

 誰もこれが最後の緊急事態宣言になるとは思ってはいない。正直に言えば誰も分からないことなのだ。そんなことは国民も分かっている。菅首相は、本当に国民を馬鹿にしているとしか思えない。その鉄槌が下ったのが東京都議会議員選挙だったのだ。

週刊文春』(7月15日号)によれば、菅首相側近で自民党東京都連総務会長を務める萩生田光一文部科学相ですら、「確かに『政府に人気がない』=『菅首相に人気がない』ということだろうから、そこは否めません」と言うのだから、都議選の事実上の惨敗の原因は明白なのだ。この政権で総選挙を戦えるのか、疑問である。

ワクチンの目詰まりも大きかった

 菅政権のコロナ対策は、ワクチンだけといってもよい。「7月末までに高齢者の接種完了。11月までに希望する国民全員への接種完了」というのが菅首相の掲げてきた大目標だった。だが、そのワクチン接種が大きな目詰まりを起こしてしまったことも自民党の事実上の都議選敗北の要因という見方もある。

 もともと河野太郎ワクチン相は、7月中に高齢者接種の完了というのは、難しいという見方をしており、菅首相にもそう提言していたと言われている。だが首相の「ともかくやれ」という命令に応えるしかなかった。都議選では、「ワクチン接種の加速」を売りにしようとしていたと言われている。

 ところが東京豊島区でもワクチンが希望する量の半分以下になってしまったとのことだ。前掲の『週刊文春』によれば、「国の言う通りに接種体制を強化したのに、ワクチンが届かない。職域接種もストップした。このままでは六十歳以下の接種はどんどん後ろ倒しになります」と23区の区長が怒りの声を上げていたという。

 私が住む自治体では、75歳以上がまず優先的に接種を受け、次に70歳から74歳までが優先された。私は73歳なのでこの枠に相当し、7月14日には2回目の接種を受けることになっている。次が65歳から69歳だが、このテンポで7月中の接種が可能なのか、疑わしい。

 いずれにしろ、大企業などの職域接種がストップし、全国からワクチンが届かないという悲鳴が上がっている中での都議選であった。菅首相の思惑が完全に裏目に出てしまったということだ。

麻生氏の品性下劣ぶりも自民惨敗の要因か

 この人は、まともな発言ができないのだろうか。麻生太郎財務相のことである。小池百合子東京都知事が過労で休養したことを取り上げ、6月25日青梅市選挙区に応援に入り、言うに事欠いて、都民ファーストの会について「代表の国会議員がいないから(国に)話が通じない」「従って知事が自分でやる。過労で倒れた。同情してる人もいるかもしれないが、(小池氏が)そういう組織にしたんだから」「自分で撒いた種でしょうが」と酷評した。

 何と品性下劣で、情けない人だろうか。小池氏がいつ倒れてもおかしくないぐらい働いていたことは、テレビを見ていれば分かることだ。小池氏は菅首相や麻生財務相などと違い、記者の質問にもまともに回答している。麻生氏などは、まともに答えていることは少ないのではないか。若い記者だと思って上から目線で馬鹿にしたような回答をしていることがよくある。偉そうなことを言う前に小池氏の爪の垢でも煎じて飲んではどうか。

 弱い人間ほど、相手が弱い立場だと強気に出る。私はかつてテレビの討論会で麻生氏と一緒になったことがあるが、その時、まさにそのことを痛感したものだ。

 定数1の青梅市の都議選結果はどうだったか。都民ファーストの候補が2万6344票獲得し当選した。自民党候補は1万票以上少ない1万6045票で落選だった。麻生氏は自民党候補を落としにいったのである。「自分でまいた種でしょうが」と言うしかあるまい。

立憲民主党と共産党の一本化が奏功

 今回の都議選では、ともに旧「民主党」を源流とする立憲民主党国民民主党との間でクッキリと明暗が分かれた。立憲民主党は8議席から15議席に議席をほぼ倍増させた。他方、国民民主党は4人を立候補させたが、1人も当選しなかった。

 この結果について、立憲民主党の安住淳国対委員長7月5日、都議選で15議席を獲得したのは共産党との候補者一本化が功を奏したから、との認識を示した。その上で安住氏は相当思い切った発言をする。国民民主党の候補4人が全員落選したことを踏まえ、「リアルパワーは何なのかを冷静に見なければ」と指摘し、共産党との協力を強く否定してきた国民民主党や連合東京に苦言を呈したのだ。

 安住氏は共産党との協力に関し、候補者を一本化してトップ当選した武蔵野市中野区の例を挙げて「如実に成果が出た」と強調し、次期衆院選でも政権批判票の受け皿として一本化を進めるべきだと訴えた。

 共産党立憲民主党無党派の幅広い市民などから支援を受けて5選挙区(文京区豊島区、北区、日野市、北多摩4区)で勝利し、一方、7選挙区(渋谷区中野区立川市武蔵野市小金井市、小平市、北多摩2区)では、共産党が支援・推薦した立憲民主党などの候補が当選した。共産党は1議席増やすことになった。

 安住氏、共産党が言うように候補者一本化が成功したことは間違いない。ここまで幅広い一本化は初めてのことである。国政でも恐らく思い切った一本化を図ってくるだろう。今後の注目点であることは間違いない。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  【舛添直言】緊急事態宣言に無観客五輪、大誤算の「菅シナリオ」

[関連記事]

ワクチン頼みの菅政権に凶兆、感染再拡大の韓国に見る自粛反動

ワクチン後進国・日本での五輪に「行きたくない」症候群

東京都議会議員選挙(2021年)の投票の様子(2021年7月4日、写真:つのだよしお/アフロ)