ニシンを塩漬けにして発酵させた珍味で、“世界一臭い缶詰”として知られるシュールストレミング。この缶詰に、恐怖を感じたノルウェーの夫婦がいる。先ごろ2人は、所有する山小屋の軒と屋根の間に錆びた缶詰が挟まっているのを発見した。それは24年前、パーティーで残ったものを夫が置いたまま忘れていた、シュールストレミングの缶詰。ただでさえ臭い食べ物が、さらに24年もの時間をかけて発酵され「どれだけ臭くなっているのか」恐れた夫婦は、スウェーデンシュールストレミングの普及促進を行っている専門家へ処理の依頼を依頼したという。

スウェーデン紙ザ・ローカルノルウェー放送局NRKによると、24年前の缶詰を見つけたのは、ノルウェー・トリシルに山小屋を所有するインゲ・ハウゲンさん、ビョルグさん夫妻。2人は最近、山小屋の屋根下から覗いていたシュールストレミングの缶詰を見つけた。妻ビョルグさんの話では、見つかったのは1990年3月にパーティーで食べ残したもので、2缶を食べて満足した夫が残った1缶をそこにしまい、そのまま忘れてしまったそうだ。

きれいに軒と屋根の間に挟まった缶詰は、24年の時を経て全体的にすっかり錆びついている様子。しかも中の発酵が進んで缶が膨張していた。この状況に「いつ爆発するか分からない」と恐怖を感じたという夫婦。発酵が進み「どれだけ臭くなっているのか」分からない中身が飛び散れば、付近に与える迷惑も相当なものと考え、ひとまず近所の人に事情を説明して注意を促し、念のためノルウェー軍にまで知らせたという。

そして、もはや恐怖でしかない缶詰をどう処理すべきか困った夫婦は、シュールストレミングの母国スウェーデンに助けを求めた。

これに応じたのは、シュールストレミングの普及促進活動を行っている専門家のルベン・マドセンさん。彼は夫婦に「全く爆発の危険はない」と安心させた上で、処理依頼を快諾した。シュールストレミングは「時間と共に味わいが豊かになる」と話す彼だが、自身が持っているコレクションでも古いのは15年モノが精いっぱい。そこに突然“24年モノ”が現れたとなれば、専門家としての興味は抑えられず、夫婦の依頼を快諾したようだ。

そこでマドセンさんは2月18日にトリシルへ出向いて、24年モノの“シュールストレミング開缶式”を行うと宣言。この知らせはノルウェースウェーデン両国のメディアでも注目を集め、「よだれを流しそうになる」シュールストレミング好きの人も多く詰めかけるのではないかと報じられた。

そして迎えた“開缶式”の当日。集まったシュールストレミング愛好家が見守る中で、軒から缶詰が外され、缶を開けてみると……。中味はどろどろで、臭いについてはマドセンさん曰く「腐った卵のようなニオイ」だったそうだ。結局、食べられる状態ではないと判断。24年モノを味わうという夢は、幻となってしまった。