今年は小倉で行われる1800mの中京記念です。注目はロータスランドで、8戦中7戦が馬券に絡んで、ここ3戦も道悪ですが勝っています。しかも、当日の天気予報は雨なので、逆にロータスランドとしては打ってつけだと思います。但し、小倉競馬場は初めてで、今迄とは違う強さを持った馬達との戦いになるので、そう簡単な展開にはならないと思います。

 また、前走の斤量と違って軽くなっている馬も多いので、この辺にも注目しています。メイケイダイハードは前走の米子Sではロータスランドに0.4秒の差を付けられて5着でしたが、1着から3着は斤量54kgの牝馬でしたので、斤量差が顕著に出たレースだったと思います。今回は前走の58kgから55kgになりますから、差は縮まる筈ですし、対戦成績ではメイケイダイハードアンドラステに負ける事が多いのですが、何れも斤量差がありましたので、昨年の阪神での中京記念のように斤量は53kg
でしたが、今回も穴を開けるかもしれません。

 更に、メイケイダイハードが有りなら、2走前の六甲Sの結果からはアバルラータの可能性も微かに見えます。この馬も斤量が52kgになっていますし、メイケイダイハードには先着出来ないと思いますが、近くにはいると思いますので大穴かもしれません。

 もし、斤量が効かない馬場だったりすると、ボッケリーニ、カテドラル、ディアンドルなどの実績馬達がいるので、馬券は極端に分けて組み立てます。それと小倉競馬場ですから、近走は駄目でも小倉ならという馬も馬券に入れちゃいます。

ワイドBOX 5、6、3
ワイドBOX 9、8、10
ワイドBOX 2、1

藤川京子