菅義偉内閣官房長官が河野談話を再検証する可性を示唆したことについて、中国外交部の報道官は21日、慰安婦の強制連行を否定しようとする試みには断固反対するとった。新社が報じた。

 河野談話とは、1993年に当時の官房長官だった河野洋平氏が旧日本軍による従軍慰安婦の強制連行を認め、謝罪した談話だ。

 報道官は「第二次世界大戦中に、日本軍義が慰安婦を強制連行したことには動かぬ拠がある」と述べ、日本が罪を否定し、侵略歴史を覆そうとする試みは戦争被害を受けたのほか社会からの反発を招くだろうとした。

 さらに報道官は、「日本侵略歴史を直視すると同時に深く反し、責任ある姿勢で慰安婦問題を含む歴史問題を善処すべきだ。日本はこれ以上、誤ったを歩まないよう要する」と述べた。(編集担当:村山健二)