国鉄色E653系が初めて青森まで行きます!

往復で停車駅が異なる

JR東日本 仙台支社が2021年9月11日(土)と翌12日(日)、上野~青森間で「東北本線130周年号」を運行します。

これは同区間が1891(明治24)年9月に全線開通したことを記念して行われるもの。運行ルートは次の通りです。

○主な停車駅
9月11日
上野8:02発→大宮→宇都宮→黒磯→郡山→岩沼→仙台→一ノ関→盛岡→八戸→野辺地→青森20:15着

9月12日
青森8:20発→八戸→盛岡→一ノ関→仙台→福島→郡山→矢吹→宇都宮→大宮→上野20:30着

車両は国鉄色E653系電車7両編成が使われます。普通車グリーン車で編成され、全車指定席です。なお、国鉄色E653系が仙台~青森間を走るのは初めて。また、車内では放送体験や昔のヘッドマーク撮影会などのイベントも行われます。

東北本線130周年号」は旅行商品です。乗車には「上野発」(大人1人2万5800円~)「東北発」(大人1人2万2000円~)それぞれで、びゅうトラベルサービスやクラブツーリズなどからの申し込みが必要です。期間は「上野発」がすでに開始されており、「東北発」は本日7月21日(水)16時からです。

E653系電車(画像:JR東日本)。