タレントデヴィ夫人(81歳)が7月24日、自身のTwitterを更新し、23日に行われた東京五輪開会式について「最低最悪」と激怒している。

デヴィ夫人はこの日、Twitterで「史上初の最低最悪な東京オリンピック開会式。なんと悲しい、淋しい、地味、簡素 想像、飛躍力ZERO オリンピック組織委員会は一体過去8年間に何をしていたのか…開会式が目玉なのに」と厳しい言葉を並べて開会式を批判。

そして「北京、ソウルよりどれくらい盛大に豪華に敬服出来る開会式になると思いきやなんと淋しい地味なオリンピック開会式だったことでしょう。出場者を誘導する列を作る人たちも規律なく、日本文化の押し売りのようなエンターテイメント。組織委員会は過去8年間何をやっていたのか?」「数名の解任・辞任者を出した組織委員会。この人たちに謝礼が出ていたのだとしたら最悪。日本の花火は世界的に有名にもかかわらず今夜の花火は最低だった。踊りの振り付けも盆踊り程度。恥ずべき史上最低最悪なオリンピック開催国日本。必応援有観客」と、中国・韓国と比較しながら怒りが収まらない様子だ。

デヴィ夫人は以前より、東京五輪に関する組織委員会のゴタゴタに苦言を呈し、20日には「呪われた日本でのオリンピック。開会式に使用する楽曲を担当した小山田氏が辞任を発表。五輪組織委員会が彼に作曲を頼んだのは何と今年の春という事。これには驚いた。組織員会は今まで一体何をしていたのか。開会式はオリンピックの中でも1番の目玉。国をあげての韓国、北京の開会式は世界を驚嘆させる 美しいものだった。日本は何をするのかと ずーっと不安であったが、私の不安はまさに的中。思えば、ロゴの盗作問題に始まりゴタゴタは、数えるにいとまない。五輪関係者のお金にまつわる醜聞、失言など“おもてなし”で勝ち得た東京五輪なのに、バッハIOC会長に礼を欠く日本人」と、特に“1番の目玉”だという開会式への強い思いをTwitterで語っていた。

なお、開会式を巡っては、Twitterなどネットでは賞賛の声も続々。「MISIA君が代、さすがだった」「途中微妙な演出はあったのは確か。でも全体的には良かったのでは」「動くピクトグラム素晴らしかった。無観客の中継に合った演出ってこういうことなのね」「ロス五輪あたりから毎回開会式見てる。物量やお金のかけかたは違えどこんなもんじゃない? うまく行ったほうでは」「一連のぐだぐだっぷりから考えるとよくここまで完成させたなと思う」「解任された人たちの当初案の開会式の世界線も見たかったけど、私はコンパクト五輪に合ってる感じはしたな」「真矢さんから『諦めないで』のメッセージは受け取った」など、ポジティブな意見も多々上がっている。