トリートメントの放置時間は5~10分、ではコンディショナーはどのくらい待つべき?
トリートメントの放置時間は5~10分、ではコンディショナーはどのくらい待つべき?

髪を洗う必須アイテムといえば、もちろんシャンプーです。

しかし、シャンプーの後のお手入れがなければ、髪の毛はギスギスになってしまい、傷みにもつながります。

シャンプーの後は、リンスという流れになるのですが、今は、数々のトリートメントやコンディショナーが豊富です。

正直、どれをどのように使ったらよいのかと疑問を持たれる方も少なくありません。

今回は、シャンプーの後に大切なトリートメントとコンディショナー、そしてコンディショナーを使った場合、目安としてどのくらい放置しておけば良いのかなどを、お伝えします。

トリートメントとコンディショナーの違い

トリートメントとコンディショナーの違い、ご存知でしょうか?

シャンプーの後に使うものといった漠然とした理解はあるものの、はっきり区別して使い分けをしている方って意外と少ないようです。

とはいうものの、この2つには大きな共通点があることを念頭に置いておきましょう。

シャンプー後の髪の毛のパサつきを防止→キューティクルの傷み防止、これがトリートメントやコンディショナーを使う主な目的です。

それでは2つの特徴や違いをご紹介します。

トリートメント

*特徴:髪の内部に成分を浸透させることで、髪の補修ケアをしたり、滑りをよくしたりするものです。

特に、パサつきやキレ毛などの目立った傷みがある場合には、トリートメントを使用すると改善につながります。

*役割:髪の内部に栄養を与え、傷みを補修してくれます。トリートメントの浸透によりキューティクルも保護されます。

コンディショナー

*特徴:シャンプーセットで使うのがコンディショナー。呼び名は違うものの、いわゆる“リンス”として使用します。シャンプー後のギスギス感をスムーズ感に戻すために使います。

*役割:トリートメントが髪の内部を保護するのに対し、コンディショナーは髪の外部(表面)を保護し、枝毛防止や髪の油分や水分が保たれます。

コンディショナーの放置時間

トリートメントは5~10分程放置することで、髪の内部へ浸透していくと言われます。
コンディショナーの場合はどのくらいの時間で効果があるのでしょうか。

答えはずばり! 1分程度で充分なのです。

もともとコンディショナーの役割は、シャンプー後の水分蒸発を防ぐのが目的です。

コンディショナーは髪の表面につけたと同時に吸収が始まります。

また、髪の地肌には必要のない成分ですから、1分もあれば保護完了となります。

コンディショナーとトリートメントの目的と役割の違い、これらを認識するだけで、髪のケアへの意識も変わるのではないでしょうか。

りんご酢リンスで艶髪に☆