「血を舐めてもらって興奮した」「生理ナプキンで止血した跡が…」歌舞伎町“TOHO横”に集まる未成年は何をしているのか から続く

 歌舞伎町の社会学を研究する現役女子大生佐々木チワワさん。自身も15歳から歌舞伎町に通い、ホストクラブの沼にはまったという。 

 歌舞伎町では、ホストに月に数十万もお金をつぎ込んでしまう“ホスト狂い”が増えているという。彼女たちは一体どのようにして大金を稼いでいるのか。佐々木さんに歌舞伎町の“ホスト狂い”について詳しく話を聞いた。(全2回の2回目/#1を読む)

◆◆◆

#頂き女子

――歌舞伎町では月に数十万のお金を使う“ホスト狂い”の女性が多いと聞きます。20歳前後の若い女の子は、どうやってお金を稼いでいるのでしょうか?

佐々木 キャバクラ、風俗、バーなど多種多様ですね。結局効率よくお金を稼げればいいので。その中でも最近“頂き女子”が問題視されています。頂き女子とは、恋愛経験が乏しそうな独身男性に対して、借金をしてるなどのウソをついてお金をもらう女性のことです。「電気代が払えない」「携帯料金を滞納している」とかいろんな嘘をついてお金をもらっています。そうやっていくら頂けたよって話をSNSで「#頂き女子」とつけてツイートするんです。そうした女子が増えています。

――なぜわざわざツイートするんですか?

佐々木   自分はこの方法で、いくら騙せたよってことを書くことによって他の頂き女子と情報を共有するようです。このやり方だと成功しやすいよとか、この言い回しはやめたほうがいいよとか。あとは競い合っているという側面もあると思います。私は何百万もらうことに成功しましたみたいな。SNSでは「ただの詐欺師だろ」って言われていますね。

――男性側はそれに気づかないんですか?

佐々木 気づいても泣き寝入りですよね。そもそもパパ活自体どうなの?って話だし。それに頂き女子は相手のことをパパではなく“おぢ”って呼んでいます。おぢと呼ぶことによって罪悪感を薄めているようです。

歌舞伎町のホストの変化

――“ホスト狂い”の話をするとき、ホスト側のモチベーションってあまり取り上げられていない印象ですが、実際ホストたちのモチベーションはなんでしょうか?

佐々木 女性側の話は取り上げられるけど男性側はあまりよく知られていないですよね。ホストのモチベーションはもちろんお金です。大金を稼ぎたい人たちが働いているのは大前提なのですが、それに加えて別のモチベーションもあるのだなと最近気づきました。

 それは周りからの評価です。例えば月に数千万の売り上げがあっても、周りがきちんと評価してくれないと不満なんですよね。「俺、これだけ売ってるのに、上がそれに対応した評価とか広告とかをしてくれない」と。歌舞伎町に染まっている人ほど、有名店の看板とかネームバリューにこだわるんですよね。看板に乗るために一時的に自腹を切るホストもいるんです。

 売り上げが少なくてもSNSで有名なホストのほうがチヤホヤされたりとか、ホストクラブの経営者たちは結構そこで戸惑っています。「SNSの時代なのは分かってるんだけどね」と。昔って「枕をしたら男がすたる」みたいな考えだったんですけど、今は枕したい女の子の特徴をYouTubeで発信するホストもいます。ネット社会と歌舞伎町の文化の変わり方がえぐいなっと思いますね。

――ホストと客の関係が近くなっているということですね。

佐々木 そうです。YouTubeで発信しているホストに会いたいという理由で歌舞伎町に行く人が増えました。特にローランドが出てきて以降は「ホスト」や「歌舞伎町」っていうワードTikTokでめちゃくちゃ検索されてるんです。ホストって言葉が入ってると再生回数が1億以上あったり。

 ホストもホストでどんどん過激な動画を上げていっています。そういうことをしていかないと目立てないし、炎上したもの勝ちみたいな空気がありますね。炎上しても、結局お金を使ってくれる子が1人でも多く居ればいいので。

「全体的に命が軽いような気が…」

――これからも研究は続けていくのでしょうか?

佐々木 歌舞伎町の未成年については今後も研究していきたいなと思っています。情緒を安定させる作用があるのかなと思うので、集まる分にはいいと思うんです。ただ、飛び降りとか、命を、というところになってしまうと、やっぱり何かアクションをしないと、とは思います。先ほども言ったように自殺や集団リストカットが増えていて全体的に命が軽いような気がするので。

 推しカルチャーとかモテ経済とか、ある種資本主義が人を殺しにかかっていると個人的には思っています。人を資本として消費し始めている…。「こうしなきゃモテない」「こうでなきゃ人じゃない」「素晴らしい人間てこんな人です」ってなんか常にあるじゃないですか。人として消費されると、どうしても自分を取り繕ってしまうこともあるんですよね。こういう自分でいなきゃ社会から必要とされないよね…って。

 だから本当の自分と乖離が生まれていく。私も、「チワワちゃんが好きです」とか「チワワちゃんってきっとこんな人なんでしょうね」とDMが来てちょっとしんどかったりとかあります。ありのままを見てくれたり、バックグラウンドで人を判断しない人の存在が必要です。

――ホストはそういう役割をしてくれていると。

佐々木 そうです。ホストはどんな子であれ、お金を使ってくれれば承認してくれるんですよね。世の中に誰にでもできる仕事があふれて、「あなたにしかできません」って仕事が減っている中、満たされないと感じる人が増えてるって言われていますよね。

 お金を使うこと、使われることで、誰かにとっての必要な存在になっている。両方の相互作用が成り立っている。ある意味、この時代に貴重な存在だと思います。これからもそんな歌舞伎町の研究を続けていきたいですね。

(「文春オンライン」編集部)

賑わっている金曜夕方の歌舞伎町  ©今井知佑/文藝春秋