1978年に発売され一躍、社会現象となったアーケードゲームの元祖「スペースインベーダー」。ゲームセンターがまだない時代、スペースインベーダー喫茶店駄菓子屋などに設置され、明けても暮れても日本の世は「インベーダー一色」だったと言ってもいい。

 そんななか若い世代の間では、当然のようにインベーダーゲームに関する犯罪が繰り返されていた。

 特に若い世代で流行していたのが「合鍵の複製」であった。インベーダーゲームの筐体に付いている鍵のコピーが出回り、タダでゲームを遊ぶ若者の集団が出てきたのだ。

 ​>>小学生が2歳児を殺害、その背景にあったのは…【衝撃の未成年犯罪事件簿】<<​​​

 1979年6~7月にかけ、神奈川県警インベーダーゲームの複製した鍵を持っていた高校生67人を補導している。

 鍵の出所は不明だが、ある中学生の自宅から出回ったようだ。

 この中学生の父親はゲーム機製造工場に勤務していたが、会社に行く際、インベーダーゲームの鍵を自宅に置き忘れてしまった。それを中学生の息子がコピーして、同級生に1つ500円で販売していたという。

 当初は、その中学生の周辺にしか鍵のコピーは出回っていなかったが、ある中学生高校生から「カツアゲ」を受け、鍵を奪われたことから、高校生の間にも鍵のコピーがじわじわと流通し始め、インベーダーゲーム界の秩序が大きく乱れてしまったという。

 そのため、事態を重くみた警察は、違法コピーの鍵を持つ高校生たちを一気に検挙。一夜にして67人が補導され、計53個の鍵が見つかったという。

 鍵は3種類あり、中学生から出回ったものの他に、2種類の親鍵の存在が確認されたが、その出所は不明だという。

 その後も鍵が複製される事態は何度か起き、その攻防戦はブームが終わるまで続いていたという。

画像はイメージです