プロ野球選手G.G.佐藤氏(42歳)が7月24日、自身のTwitterを更新し、東京五輪開会式で大きな反響を呼んだ“実写”ピクトグラムを模倣したネタを次々投稿。ファンの絶賛を浴びている。

G.G.佐藤氏は「#ピクトグラム」のハッシュタグと共に、「種目:G.G.佐藤」と、飛んできた球を落球する瞬間……2008年北京五輪侍ジャパンの一員として試合に臨んだG.G.佐藤氏が落球を連発したシーンを彷彿させる、“自虐”ピクトグラムを披露。

さらにG.G.佐藤氏は「種目:イチロースズキ」「種目:若大将」を挟み、「種目:G.G.佐藤2」と、落球して呆然とする姿を表現した、別の“自虐”ピクトグラムInstagramに投稿した。

これにファンからは「面白いwww」「ネタにするの速いwww」「鉄板ネタだなぁ(笑)」「自虐がひどい(笑)」「もうG.G.佐藤さん大好きです」など、大きな反響を呼んでいる。