防犯カメラも無視! わずか5分で盗む! 「大胆」になっていくイマドキ自動車盗難と対策

犯行にかかる時間はわずか5分!

 常時録画のドライブレコーダーや防犯カメラが普及して、映像が記録されやすくなったことから、テレビネットで紹介されることが多くなったのが車両盗難風景だ。ショッキングではあるが、これらの映像からいろいろなことがわかる。

 まずは昔から言われるように、簡単にエンジンをかけて素早く去っていく。事前に何回か下見してアタリを付けておくことが多いので、準備は万端なのだろう。いなくなるまで5分ぐらいだ。

 次にわかるのが大胆ということ。昔は通りに面していると目立つので避けると言われていて、実際に古い映像を見ると目出し帽と黒いジャージなどを身に付け、動作もコソコソとしていた。しかし現在は、通り沿いだろうが、街灯が照らしていても、さらには防犯カメラがどう見ても付いていると思われる場所でも平気で行う。

クルマの盗難の対策方法

 ではどうやって防げばいいのか? セキュリティなどとひと口に言っても簡単なものから、大掛かりで費用がけっこう必要なものまでいろいろとあるので、迷ってしまう人も多いのではないだろうか。ちなみに、高級車やスポーツカーだけでなく、部品でバラして売れば儲かりそうな実用車でも盗まれるし、仕事で使う道具を満載した軽バンも積んでいるものを下ろすのが面倒くさいようで、そのまま盗まれたりもする。

 純正でもイモビが付いているから大丈夫という人がいるが、ないよりはあったほうがまし程度。リレーアタックやイモビカッターが大きな問題になっていることからわかるように、破るのは簡単だし、いずれにしても純正装備というのは、結局どの車両でもシステムが同じなので、予習しやすく、慣れてしまえばどんどんと盗めることになる。

クルマの盗難の対策方法

厳重な対策にかかる費用は車両価格の1割程度

 それでは対策だが、上記のキーの電波ジャックは電波を遮断する袋にキーを入れる方法。さらにイモビカッターについてはイモビカッターガードを付けておくのは基本だろう。

クルマの盗難の対策方法

 そして全般的な対策だが、安くて効果があるのが物理的に動かしにくくする方法だ。ホイールそのものにかけるロックハンドルロック、またブレーキのペダルを押さえたままにするバーもある。これらを取り除いて動かせるようにするのはかなり手間と時間がかかるので、防犯効果は高い。ただ、レッカーを持ってきて、ウインチで引っ張るという大胆な方法で盗む場合もあるので、その場合は効果が薄れてしまう可能性もある。

クルマの盗難の対策方法

 本格的な対策としては、高級セキュリティシステムインストールするのがベストだ。カプラーに割り込ませてポン付けではなく、専門店で1台ずつ異なる配線の取り回しをするなど手間をかけた作業をしてくれるものを選ぶのが重要で、近づくだけで発報したり、異常を手元のスマホリモコンに通知してくれるものもある。最悪の場合は、遠隔でエンジンがかからないようにすることできたりするなど、防御力はかなり高い。

クルマの盗難の対策方法

 そのような専門店に聞くと、予算の目安として、車両価格の1割という答えが返ってくることがけっこうある。300万円なら30万円といったところだが、大切な愛車を守ってくれる保険として考えるしかない。盗まれてもほぼ戻ってこないだけに、後悔先に立たずだ。またちゃんと作業してもらえれば長い期間使えるので、長い目で見れば負担はそれほど大きくもない。

 最後に基本となるのが、止める場所だ。今や家の玄関横でも盗まれる時代だが、露天の月極駐車場は非常に危険。できるならシャッター付きがベストだが、そうそう借りることはできないし、これとても逆に中でなにをしているかわからないだけに、問題だという意見もある。

クルマの盗難の対策方法

 考え出したらきりがないが、シャッター付きの効果は大きい。シャッターを開けるのにも手間がかかるし、そもそも普段から見えないので目を付けられる可能性も低くなる。外から丸見えの自宅駐車でも、門扉を付けたりするなどの対策をするといいだろう。また猛者のなかには、バイクの極太チェーンを柱にくくりつけている人がいたが、とにかくやれることはすべてやるのが最大の対策だ。「面倒だな」と思うかもれしないが、その面倒というのは犯人にも言えることで、できるだけ面倒と思う対策をすることが大切だ。

クルマの盗難の対策方法

防犯カメラも無視! わずか5分で盗む! 「大胆」になっていくイマドキ自動車盗難と対策