《天井からしたたる鮮血》飲む打つ買うの乱行…「オレの領分を荒らす邪魔者を処分する」エリート美男子の享楽的すぎる凶行 から続く

 その後も正田の行方はなかなかつかめなかった。「鎌倉の旅館に泊まった」「伊豆・修善寺に」などの情報もあったが、事実とは確認されないまま、「正田はなぜ捕まらぬ」(8月11日付夕刊読売)、「十数名の『正田らしい男』」(8月17日付朝日朝刊)といった記事が載った。

「あら、いい男あたし、こんなひと、スキなのよ」「コロシなんか何よ。あたい、かくまってやるわ」

 松岡繁「血の雫で暴かれた『メッカ』殺人事件」(「現代の眼」1978年8月号所収)は、当時の三宅修一・警視庁捜査一課長が雑誌に書いた文章を紹介している。

〈 正田の素行などから考えて手配写真を配って歩いた。ところが、派手な職場に働く女性たちは、「あら、いい男。……あたし、こんなひと、スキなのよ」と口々に言うのである。意外だった。「まあ、代表的な美男子だわ」「ネエ……あたし、一杯おごるから一枚ちょうだいよ」とだだをこねて手配写真の希望者が続出するありさまだった。「あたい、こんなオトコがいたら、それこそ血道をあげっちまうな。コロシなんか何よ。あたい、かくまってやるわ」。ホシを追って街のホコリをかぶり、むさくるしい格好の刑事こそ、いいツラの皮だ。彼女たちは夢見る風情で手配写真を胸に抱き、結婚相手には理想の美男子とでも思ったのか、ほとんどしまい込まれてしまった。「こんなことじゃあ、手配写真をいくら配っても何にもならん」。くさったのは刑事たちだ。〉

 捜査の難航による長期化に対して警視庁8月26日、9種類の正田の写真を印刷した手配ビラ5万枚を全国の警察をはじめ旅館、料飲店、理髪店、浴場、マージャン屋に配布。捜査に追い込みをかけた。過去に撮影された写真6枚に加えて、3枚は「警視庁が手配写真として作成したものでは初めての試みで、変装などを予想して、素顔に酷似した1枚の顔からメガネを替え、長髪を坊主刈りにしたり、メガネを外したりした一種のモンタージュ」(朝日記事)。犯罪捜査でモンタージュ写真が使われた初のケースだった。「指名手配されていながら、正田は長い間捕まらない。これは正田が変装しているからだろうと断定した」(遠藤徳貞「鑑識捜査」)ためだったという。

 読売は9枚の写真全部を、朝日はうち3枚を掲載した。効果はあったようで、10月7日付夕刊読売は社会面コラム「話の港」で「“正田に似た男”の情報はその後も1日数件、既に1000件を超えたという」と書いた。

 10月12日付夕刊読売には「正田とは別人 京都の変死男は大阪の店員?」という社会面2段の記事が載っている。それによると、10月1日京都市下京区の旅館で服毒自殺した男性が正田ではないかとの連絡が入り、捜査一課の係長が正田の母親とともに現地に向かった。しかし、母親は男性の遺留品には「どれも見覚えがない」と証言。歯型の照合でも別人と断定され、その後、身元が判明したという。捜査本部には肩透かしだったが、その動きは無駄ではなかった。

「非常に派手で金持ちのお坊ちゃんとばかり信じていた」

メッカ殺人事件78日目に解決 正田、京都で捕まる」(朝日)、「アパート潜伏中襲う “殺したのは近藤”と自供」(毎日)、「京都でアパート住い」「金も使い果たして」(読売)。10月13日付朝刊各紙はそろって社会面トップで大きく報じた。毎日の記事は――。

〈【京都発】バー「メッカ」殺人事件の犯人、正田昭(24)が12日午後、京都市内でついに逮捕された。京大法医学教室に保存中の身元不明変死者の首が正田に似ていると話題を投げているさなかの12日午後2時半、京都市川端署では、マージャン仲間の密告により、同市左京区北白川小倉町47、南尚志舎アパートを佐藤警部、奥谷部長刑事ら5名が襲い、1階1号室で山本一夫と称して止宿していた正田らしい男を同署に連行。京都市警本部で追及した結果、正田昭と名乗り、本籍、出生地、現住所、姓名を書いてうなだれた。同本部では人相、年齢、筆跡、自供などから午後3時半、正田と断定。事件はさる7月27日以来、実に78日目で解決した。〉

 各紙の報道から記述を拾えば次のようになる。

〈 正田は濃紺の厚地ワイシャツ、薄ネズミ色ギャバジン・ズボンでげた履きという姿。同人が奪ったと推定される三十五万余円は使い果たしたらしく無一文だった(朝日)

 

 佐藤警部らに踏み込まれたとき、正田は6畳の自分の部屋で雑誌を読んでいた。その部屋には、自分で描いた「ルンバを踊る女」「トラになった吉田茂」など3枚の絵が麗々しく壁に張ってあった。警部が「警察の者だが」と声をかけると、平然と「何ですか」と答えて出てきた(読売)

 

 南尚志舎アパート管理人、佐藤武夫さんの妻俊子さんの話 8月初め、「京大の学生だが、しばらく下宿させてくれ」と制服制帽姿で現れた。非常に派手で金持ちのお坊ちゃんとばかり信じていた。夜はほとんど毎日出歩いて、午前0時ごろ、酒を飲んで女と一緒に帰ってきた。9月中ごろからは小遣いにも事欠く様子で、ここ数日は三度の食事もろくにとっていなかったようです(朝日)〉

 密告したのはアパート管理人とその友人だった。友人は管理人を通じて正田と知り合ったが、以前から金遣いの荒いのに何かあると不審を抱いた。変死体の新聞記事に正田の写真が載ったことから「間違いない」と思い、2人で相談して警察に届けたという。

「特に母校慶応の名誉を傷つけたことに対して非常に責任を感じている。卒業生名簿から名前を消してもらいたい」

 各紙には東京に護送される急行車中の正田の写真が載っているが、ミルキーハットこそないものの、相川や近藤と同じ雰囲気を漂わせている。読売は「(午後)7時半、川端署を出て京都駅に着いたときには、早くもニュースは伝わり、黒山のようなヤジ馬にもみくちゃにされ、京都駅警備派出所に逃げ込む騒ぎ。やっと(急行)明星の一番車両の三等車に、捕まったときのままの服装で乗り込み、幾分青ざめた表情。それでもパッパッと写真のフラッシュがたかれると、『ちょっと待ってちょうだい。目が痛くてしょうがない』と女性的な声でやり返す」と書いている。

 当時は護送中でも取り囲んで話が聞けたため、各紙とも一問一答を載せているが、内容は微妙に異なる。比較的まとまっている読売を見よう。

〈問 犯行の動機について

 

答 昨年の夏、就職試験でレントゲンを撮ったら、左の肺が浸潤されていることが分かり、大きなショックを受けた。それから幾分やけになっていたが、僕は元来おっちょこちょいなので、あんな大それたことをしてしまった。誠に申し訳ない

 

問 主犯は誰か

 

答 後で調べれば分かるが、ボクではない。コンちゃん(近藤)で、ボクは手引きと後始末をしただけだ

 

問 いまの心境?

 

答 ただ申し訳ありません。母や兄たちにも随分迷惑をかけたり、特に母校慶応の名誉を傷つけたことに対して非常に責任を感じている。卒業生名簿から名前を消してもらいたい〉

 

「卒業生名簿」の部分は後で物議をかもした。殺人の弁明としてはいかにも軽いからだろう。「おっちょこちょい」というのにも首をひねった人が多かったのではないか。それが「アプレ」の印象をさらに強めたと思われる。

 この日の朝刊には「“常識捜査”の裏をかかれる」(毎日)、「帝銀以来の大捜査 裏をかゝ(か)れた警視庁」と、解決まで約2カ月半かかった警察の捜査に疑問を投げかける記事も。

 興味深いのは三宅修一「捜査課長メモ」に記された次の事実だった。「犯人は逃走中、人相を変えるため、度の強い眼鏡をコンタクトレンズに代えていた。もちろん、彼を追った私たちの知る由もなかった」。コンタクトレンズは角膜の上に乗せて使うプラスチックレンズで、日本では1951年名古屋大で視力補正の実証実験に成功したのが始まりとされる。当時はまだ珍しかったわけだ。変装を予想したモンタージュ写真第1号だったことと併せて、戦前からの犯罪と捜査とは一線を画した“最先端”の犯罪だったといえるのではないか。

一転、信仰の道へ

 逮捕から6日後の10月18日、正田は全面自供を始める。「『私が殺人のために電気コード2本を買い、メッカの現場で1本をボーイの近藤清に与えたが、首を絞めたのは自分だ』と述べた」(10月19日付朝日朝刊)。

 東京地裁での初公判は1953年12月19日。「正田の裁判とあって、開廷前より傍聴人が詰めかけ、普通の裁判だったら10人前後しかいない傍聴人が80人という超満員ぶりで、特に女性が多い」と同日付朝日夕刊。

 殺人罪に問われた相川は否認したが、強盗殺人の正田と殺人の近藤は起訴事実を認めた。実はこれより前に正田には大きな変化が訪れていた。

 同年11月21日付毎日には「変転する犯罪者の心理」という記事が載っている。正田が愛宕署に留置中に書いた手記が当局経由で公表されたという。それによると、(1)事件の翌日は楽観的な気持ちで鼻歌さえ出るような気分だった(2)逃走中は絶えず追われている気持ちで自殺しようとも思った(3)逮捕された後は、親不孝な自分に対しても母の慈愛が感じられ、全てを告白して許しを乞うことこそ私の再生する道だと悟った――などと書かれていた。

 この段階で既に信仰への傾きが感じられるが、翌1954年の出会いが正田の心境を決定的に変えた。1955年9月29日付朝日社会面トップには「カンドウ神父と殺人犯人 魂救われた正田(メッカ事件)」の記事が。長く日本で布教を続け、9月28日に死去したフランス人のカンドウ神父が正田にカトリックの教えを伝え、精神的な救いを与えたと書いている。

 神父は正田が精神鑑定のために入院した東京・松沢病院でたびたび面会。正田と母は1955年7月、神父から洗礼を受けたという。母は16年もの間、正田との週1回の面会を続けた。複雑な感情を抱えていた母子がようやく理解し合えるようになったということか。

書いた小説が文芸雑誌の新人賞候補に

 一方で正田は獄中で内省と日記やメモなどの執筆を続け、書いた小説「サハラの水」は文芸雑誌「群像」の第6回新人文学賞の候補に。1963年3月13日付読売には「死刑囚が新人賞候補 メッカ殺人の正田」という記事が載っている。

 東京拘置所の医官として正田と交流を続けた精神科医・小木貞孝(作家・加賀乙彦)氏は内村祐之・吉益脩夫監修、福島章・中田修・小木貞孝編集「日本の精神鑑定増補新版」の中で「これは人間不信という内面の心象風景を砂漠に象徴化し、そのなかにあって神を求めるという苦しみを描いている。死刑囚という極限状況が生み出した創造的文章として注目される」と書いている。

 1956年11月15日の公判では、精神鑑定を担当した林暲・松沢病院長が「正田は軽い精神分裂症(現統合失調症)であったとみられるが、それを現在証明する確証はない」と微妙な鑑定結果を公表した。

「犯行は残忍で鬼畜の所為」判決は…

 そして同年12月15日の判決。正田は死刑、近藤は懲役10年、相川は同5年で、いずれも求刑通りだった。判決理由は「犯行は残忍で鬼畜の所為。全く享楽的な動機で計画は周到。正田にある程度分裂的な傾向は見られるが、責任能力や道義的な判別力がなかったとはいえない」だった。

 12月15日付毎日夕刊は、判決が言い渡されたとき、「正田の顔は真っ赤に染まり、ふるえた」と記述。正木亮・弁護人の「(正田は)死刑を極端に怖がっているんです」という談話を載せている。

 一方、加賀乙彦「死刑囚の記録」には一審判決後に面会した際の正田の言葉が記されている。

「死刑の求刑を聞いたときはがっかりしまして、三日ぐらいあまり眠れませんでした。しかし、母がなぐさめてくれたこともあってすぐ立ち直りました。ですから判決を聞いても、別に動揺しません。ただ、母に泣かれて困りました」

 どちらかが本当かもしれず、どちらも本当かもしれない。だが、報道は一貫してレッテル張りを続けたように感じる。

 控訴審でも弁護側の要請で吉益脩夫・東大教授らが精神鑑定を実施したが、結果は前の鑑定とほとんど同じ。1960年12月21日の控訴審判決は控訴棄却。そして1963年1月25日、上告が棄却され、死刑が確定した。

 1969年12月9日、死刑執行。死刑に関して秘密主義を貫く日本では、新聞に正田の訃報は載らなかった。ただ、同年12月18日付読売夕刊1面コラム「よみうり寸評」が「9日、小菅刑務所(東京拘置所)で死刑を執行された」とし、「彼の最期の手紙は、凶悪な殺人犯のものでなく、悔い改めた求道者のものである」と書いた。

 小木貞孝氏は「日本の精神鑑定増補新版」でこう回想している。「死後、昭和46年6月、遺稿が『獄中日記・母への最後の手紙』として女子パウロ会より出版された」「処刑寸前まで書きつがれた母への手紙はこの稀な資質を持つ死刑囚の最後の言葉として鬼気迫る力を持っている」。

冷たい母、家庭内暴力…優秀な子ども時代とすさんでいった生活

 同書に収録されている2度目の精神鑑定書を読むと、正田の犯行に向かう心理の流れがつかめる。

 まず、家庭環境が複雑だった。母は意志が強く立派な人間だったが、家庭的には冷たかった。長男は「金に執着を持ちすぎる」と批判していた。その長兄は家庭内で母や弟妹に暴力を振るい、そのために弟妹は長兄を恐れ、次兄と姉は神経衰弱になったこともあったという。

 正田は子どものころから優秀だったが、旧制高校受験に2度失敗。慶応予科から学部に進んだころ、通っていたダンス教習所で1歳下の体操教師の女性と知り合い、深い関係になった。しかし、女性の男性関係に対する疑念から別れと復縁を繰り返した。そのうち、友人に誘われて麻雀を覚え、金を賭けるようになって生活がすさんでいった。

 1952年、就職試験の際に肺結核が発見され、大きなショックを受ける。そのため、一流会社への就職を断念。証券会社に入社したが、遊興費欲しさに無断で家を担保に8万円(現在の約50万6000円)借金したり、イタリアに渡っていた次兄からの送金10万円(同約63万2000円)を持ち出すなどの不行跡を続けた。

 証券会社から解雇された直後、交際女性の叔母から預かっていた株券と現金10万円を使ってしまい、その返済に窮していた。女性との復縁を願い、そのためにも金をと考えたのが犯行の直接の動機だった。

 獄中で日記やメモを書き続けた正田だが、直接事件を振り返った内容はほとんどない。宗教的に高みに達すれば達するほど、かつての自分の行為が信じられない思いだったのか。

 メッカ殺人事件は金欲しさの強盗殺人とされたが、「死刑囚の記録」は「犯行前後の事情を考えると、単なる金欲しさの動機だけでは説明がつかない」として、上告趣意書の正田の言葉を記している。

「私は進んで破滅を求めたのです。私にとっては、もはや破滅だけが長い間ひとびとの視線の向こう側に絶望して蹲(うずくま)っている本当の自分を取り戻す、たった一つの、避け難い方法でございました」

 ここにも戦争の時代が影を落としていたということだろうか。

参考文献
▽岩田政義「鑑識捜査三十五年」 毎日新聞社 1960年 
▽「別冊一億人の昭和史 昭和史事典」 毎日新聞社 1980年
▽遠藤徳貞「鑑識捜査」 鏡浦書房 1958年
▽三宅修一「捜査課長メモ」 人物往来社 1962年
▽内村祐之・吉益脩夫監修、福島章・中田修・小木貞孝編集「日本の精神鑑定増補新版」 みすず書房 2018年
▽加賀乙彦「死刑囚の記録」 中公新書 1980年

(小池 新)

変装を想定した初のモンタージュ写真も公開された(読売)