個人ゲーム開発者のisonosukeは、レトロ風2DアクションゲームLight Infantry』8月3日に配信開始すると発表した。対応プラットフォームはSteamWindowsのみ)で、価格は税込930円。 

 『Light Infantry』は悪の帝国による破滅の危機を迎えた世界で、プレイヤーは各種ステージのボスを倒し、世界の危機を救うシンプルシナリオが描かれる。

 本作最大の特徴は、「バグの神様」を自称するキャラクターから授かった力でステージを変化させ攻略するシステム。その能力を駆使し、ステージに登場する無敵の敵や進行不可能ステージ構成を変化させゲームを攻略していく。その力によりプレイヤーに不利な変化も起こりうるため、プレイヤーに有利な状況を作るパズル要素としても楽しめそうだ。

 また、本作のグラフィック初代ゲームボーイイメージしており、画面のアスペクト比は10:9で、4階調のドットで描写されている。サウンドもビットクラッシュされたローファイサウンドであり、徹底して演出されたレトロな雰囲気も魅力的だ。

 本来、開発者が想定していないものである『バグ』をゲーム内に取り込むメタ的なゲームシステムにならい、本作では「バグの神様」と主人公の掛け合いを初めとした、多くの「メタ的な会話」も盛り込まれているという。

 ディメイクや「メタ要素」に興味がある人は、是非本作を遊んでみてはいかがだろうか。

 プレスリリース全文は以下の通り

高難易度ステージをバグって攻略

アクションゲームLight Infantry」8月3日配信開始

個人開発者・isonosukeによるレトロアクションゲームLight Infantry」を8月3日Steamで配信開始します。
価格は930円。コントローラ対応。

ゲーム概要
Light Infantry」は、懐かしいゲームボーイ風のグラフィックでお届けするアクションゲームです。
舞台は悪の帝国の手によって、破滅の危機を迎えようとしている世界。プレイヤーは個性的なステージや敵キャラ、ボスに立ち向かい世界の危機を救うことになります。

ゲームの特徴
無理ゲーをズルしてクリアしよう
このゲームは、基本的に自機性能だけではステージクリアに辿り着くことはできません。
明らかに倒せない敵・難しいステージ構成・強すぎるボスキャラ・弱すぎる自機性能…
様々な壁がプレイヤーの前に立ちはだかります。

このゲームクリアするのに不可欠なのは「ズル」です。バグの神様を自称する存在の力を借りて、ステージや敵をバグらせながら進んでいきます。

・力の使い所には注意

しかし簡単に敵を倒せる訳ではなく、場合によってはプレイヤーが不利になる場面もあります。足場ブロックが消えたり、何も無い所から攻撃が飛んできたり…
ゲームの仕様を把握しながらステージを進む必要があります。
多くの敵キャラを倒したステージの奥にはボスが待ち構えています。
時には「攻撃しない」という選択をしながらステージを通過し、自分が有利になるように敵をバグらせてクリアを目指します。

このゲームの主なターゲットは高難度の2Dアクションが好きなゲーマーです。
ゲームボーイを意識した10:9のウィンドウで、懐かしい4階調のグラフィックや爽快感のあるBGMを楽しみつつ、何度も死に戻りながらゲームの仕様を把握して攻略の道筋を見つけてもらう、パズル要素も含んだゲームとなっています。
また、自称バグの神様と主人公とのゲームの仕様説明を交えた掛け合いがあり、メインで展開される単純なストーリーの他にもメタ的な会話を楽しむことができます。

スペック
ゲームタイトルLight Infantry

ジャンルアクションゲーム
販売者:isonosuke
販売
ラットフォーム:Steam(コントローラー対応)

配信URLhttps://store.steampowered.com/app/1579310/Light_Infantry

配信予定日:2021年8月3日
価格:930円

対応OS:Windows
トレーラーhttps://www.youtube.com/watch?v=zejRqlR1Muk
(日本時間で7/25 20:00に公開予定)

製作者Twitterhttps://twitter.com/isonosuke

Steam:Light InfantryはこちらisonosukeのTwitterはこちら
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。