2021年7月、「テコンドー」は、韓国の国技…らしい。競技名からして、そうなのだろう。1988年ソウルオリンピックに、国技だから公開競技として採用され、2000年シドニー大会で正式種目になった。2024年に開催予定のパリオリンピックでも正式競技になることが決まっている。「7回連続の正式競技」と韓国は、胸を張る。

 じゃあ、陸上は、水泳は、体操は、馬術は、卓球は、ずうううううっと前から正式競技であり、パリ大会の後も正式競技から外れることはないと思われる。

 意見と言うのは、それが何回というレベルから、当たり前ではないの? にならなければ通らないものなのだ。

 今回、テコンドーは、放送時間はわずかだったけれど、日本選手の戦いを放送した。今後は、日本選手が活躍の場を広げれば、ニュースなどで多数の時間が割かれると推測できる。ただ、オリンピックの種目は、テコンドーだけではない。

 ギリギリまで開催なのか中止なのか論議の方が先に闘わせられることになった東京五輪2021。中止という選択もあり得るということで、放送される競技のテレビ中継が配分されている。

 そして、主に多くの時間を使って放送される競技には、多額のスポンサー料を支払った企業が存在する。間違いなく、民放枠ではCMをバンバン打ってくれるお得意様だ。

 テコンドーには、韓国を代表する例えば、サムスンやLG、ロッテ(日本においては日本企業。社長が韓国人なだけという認識)などなどが、スポンサーになって、民放に売り込みをかけていただろうか。正直、払わない競技は、映されない。それは、1988年に既に体験済みじゃなかったのか、韓国は。

 韓国国民は、テコンドーは、韓国への意地悪で、日本のテレビ局が放送しない論を展開している。無観客だからこそ、海の向こうにいる韓国のコアなファンのために中継が必要だとまくし立てている。すでに、7月24日に放送済みだ。韓国テコンドー協会でもなんでも、YouTube使って配信すればいい話ではないか。いや、スポンサー料も払っていないから、著作権侵害になるか。

 テコンドーは、正式種目になるくらいだから、日本にだって競技選手はいるし、競技団体もある。しかし、国民の認知度は、いや、人気度は地味だ。地味なものを放送するなら、確実に視聴率を持っている野球とかですかね…普通放送するでしょう。ジャンル的に似ているのなら、柔道とか。

 意地悪ではないのです。人気がないものは、映されないんです。こんな大人の事情がわからないくらい、韓国は子どもなのかな~。競技は公正に、放送は人気次第。

 そして、もっとも重石になっているのは、IOCの意向、アメリカの巨大スポンサーの意向。日本の放送局だって、必ず日本人のいる競技ばかり映してはいない。

 文句をいうなら、IOCバッハに言え。さらに、開会式後に天皇陛下にディスカッションしようと誘われたとしているが、陛下が誘うことはない! 。バッハに何も言えなくて、天皇には好かれてる感、出さんでもらいたい。そもそも、日本のディスることを主目的に来ているのならば、お帰りになってもかまいませんよ日本人は、今、韓国人かまってちゃんに構ってる暇は、ない。

オリンピック