カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

キツネザルたちのアイスキャンディーパーティー開催中
 連日暑い日が続くが、こう暑くっちゃよぅ!と言っているのは人間だけではない。アメリカのオレゴン動物園では、キツネザルたちに特別なおやつを用意。

 カラフルアイスキャンディーの上に凍った果物を置いて、ちょっとしたパーティータイム。ひと時の清涼感を楽しんでもらったようだ。

【アイスキャンディーパーティーのはじまりだ!】



Lemurs Have a Popsicle Party

 アメリカ、オレゴン州でも猛暑の影響で連日35度を記録している。オレゴン動物園ではスプリンクラーなどにより野外にいる動物たちを冷やしてあげているが、他にもなにかできないかと考えた飼育スタッフキツネザルたちにアイスキャンディーパーティーを開いてあげた。

 参加者はワオキツネザルとアカエリマキキツネザル。

 アメリカならではのレインボーカラーアイスキャンディーの上に乗せられたのは、凍らせた果物だ。

 それをおいしそうに頬張るアカエリマキキツネザル。
2
 ワオキツネザルたちも楽しそうに凍った果物を食べている。
1
 ワオキツネザルもアカエリマキキツネザルもマダガスカルの固有種だ。ワオキツネザルはマダガスカルの国獣に指定されている。

 ワオキツネザルは好き嫌いがなく、葉や花、果実、昆虫などを食べる。マダガスカルでは、イモムシや鳥、カメレオン、クモの巣なども食べるそうだ。

 アカエリマキキツネザルはキツネザルの中でも体が大きく、食べた果物の種を撒いて森の再生に貢献しているという。また、アカエリマキキツネザルは受粉媒介者でもある。蜜を吸うときは、花を開いて鼻を花に埋めて鼻に花粉をつけ、その花粉を鼻から次の花に移すのだという。

 どちらも生息地の破壊、食用やペット用の採集、旱魃などにより、生息数は減少している。

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

動物・鳥類の記事をもっと見る

ひとり遊びにも飽きちゃった猫「お留守番はさびしいニャン!」と飼い主の帰宅を心待ちにする - カラパイア

暑い車内に犬が放置されていないか、スーパーの職員が駐車場のパトロールを開始(イギリス) - カラパイア

赤子が泣いてる!私が行かなきゃ!人間の赤ちゃんの泣き声に反応して猛ダッシュで様子を見に来た母鹿 - カラパイア

愛にできることはまだあるよ。飼い主の顔を引き寄せ鼻と鼻でキスする猫 - カラパイア

キンッキンに冷えてやがるぜ!キツネザルたちのアイスキャンディーパーティー