1995年スーパーファミコン向けに発売されたアクションRPG天地創造アーカイブ配信」を希望する署名運動が、オンライン署名収集サイトchange.orgにて開催中だ。

 署名活動のあて先はスクウェア・エニックスとなり、本作のキャラクターデザインを務めた藤原カムイさんサウンドクリエイター小林美代子さんも協力している。

(画像は天地創造 | SQUARE ENIXより)

 『天地創造』は、1995年スーパーファミコン向けソフトとして当時のエニックスから発売されたアクションRPG

 世界で唯一、人々が住む場所であるクリスタルホルム村に住む少年アーク、ある日、長老の家にある「開かずの扉」に入ってしまい、そこで封印されているを開けてしまう。その結果、村の人々が凍り付いてしまう異変が起きてしまう。

 長老に言われるがまま、アークは村人を救済するために旅立つが、実はこの世界は地球の裏側にある「地裏」(ちうら)の世界であり、さらに地上には荒廃した「地表」(ちひょう)の世界が存在していることを知る。

 本作は、聖書の創世記にある天地創造モチーフにしており、壮大に物語が展開。荒れ果てた「地表」に、生命の息吹を取り戻し世界を復興させていくというユニークストーリーが展開される。また主人公アークは台詞が存在するしゃべるタイプが採用されており、印象的なヒロインとの関係性など、感動的なキャラクター描写はユーザーから高く評価されている。

(画像はTwitterより)
(画像はTwitterより)
(画像はTwitterより)

 ゲームは村やフィールドを探索しつつ、アクションパートとなっているダンジョン謎解きと、「槍」を使った戦闘を通して攻略していく。なお装備などのニュー画面は主人公が開けてしまった箱の内部として構成されており、「地裏」のフィールドは、球体内部にいるかのように描写されているのが特徴的だ。

 美術・キャラクターデザインは、マンガドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章で知られる藤原カムイさんが務めており、開発はアクトレイザーを開発したことでも知られるクインテットが担当した。

 本作はアーカイブなどで配信されたことが1度もなく、現在プレイするにはスーパーファミコン実機と当時のソフトを揃える必要がある。

 今回の署名運動は、以前から『天地創造』の熱心なファン活動をし、またNHKなどでサンドアーティストとして活動しているkisatoさんによるもの。移植、リメイクも希望しているが、まずはアーカイブ配信を叶えたいとしている。

 またこの署名運動は、藤原カムイさんや、本作の音楽を曳地正則さんとともに務めた作曲家の小林美代子さんも協力しており、藤原カムイさんはこのキャンペーンのためにイラストを制作小林美代子さんは新規楽曲を制作中とのこと。

 署名をするには名前とメールアドレス、居住地などが必要となる。『天地創造』をプレイしたことある人や、今回のキャンペーンで本作に興味を持った人は署名に協力してみてはいかがだろうか。

『天地創造』の「アーカイブ配信」を希望する署名活動はこちら
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter @fukuyaman