代替テキスト
車の窓を開けて手を振るバッハ会長(写真:アフロ

「私は、ここに、第32回近代オリンピアードを記念する、東京大会の開会を宣言します」

最大6万8千人が収容できる国立競技場の客席には、人影はほとんどない。選手と約900人の関係者が見守る中、天皇陛下東京五輪の開会を宣言された。

開会式の前日には、バッハ会長をはじめとするIOC国際オリンピック委員会)委員19人と皇居・宮殿「春秋の間」で面会。実はこのとき、バッハ会長が“厚顔”ともいえる行動を見せていた。

IOC委員たちは一人ずつ入室し、陛下に挨拶だけをして席に着くことになっていました。しかしバッハ会長は、陛下に一礼するとそのまま一方的にしゃべり始めたのです。面会を取り仕切っていた式部官長が時間を気にして2度時計を見るほどでした。なかなか終わらないので陛下も短く受け答えせざるをえず、たまらず式部官長がバッハ会長に話を終わらせるように促しました」

バッハ会長の身勝手な“不規則発言”に、式部官長は憮然としていたという。バッハ会長といえば開会式では13分にも及ぶ長すぎるスピーチが話題となったが、開会式前日にも失態をおかしていたのだ。

出席者全員がそろったところで陛下がバッハ会長へ述べられたお言葉には、コロナ禍の五輪開催への強い憂慮が込められていた。

「現在、世界各国は、一昨年末より世界中を襲った新型コロナウイルス感染症の感染拡大という大変厳しい試練に直面しています」
新型コロナウイルス感染症に対する万全の対策を講じながらの大会運営は決して容易なことではないと思います」
「夏の盛りの熱波にも注意が必要です」

天皇陛下は五輪開催と感染拡大の板挟みに…

開会式の前から、五輪関係者や選手の感染が続出。熱中症で意識不明になったアーチェリー選手もいた。そのような状況での強行開催に、強くくぎを刺されたのだ。そして、大会の成功を願うメッセージを述べられた。

「この大会が、皆さんをはじめとする関係者の連携による感染防止対策に万全が期されることにより、アスリートの皆さんが健康な状態で安心して競技に打ち込み、その姿を通じて、新しい未来へと希望の灯火がつながれる大会となることを願います」

大会の名誉総裁としての責務を果たされながらも、国民の不安を代弁し、IOCに対して毅然とした態度で応じた陛下。22日にIOC委員19人と面会、23日には各国首脳ら12人と面会、そして開会式に出席。すべて、天皇陛下お一人での出席だった。

1カ月前、宮内庁長官の“拝察発言”によって、天皇陛下が五輪開催による感染拡大を強く懸念されていることが明らかになった。その後、感染者数は再び増加に転じ、歯止めがかからない中での五輪開催。実は開会宣言の文言も、直前になって変更になっていた。

もともと五輪憲章の’20年版では「近代オリンピアードを祝い」という表現だったが、最終的に「記念する」という表現に。英語の「celebrating」の訳を変更して、祝福のニュアンスを消したのだ。

近現代の皇室に詳しい静岡福祉大学名誉教授の小田部雄次さんは「陛下は『オリンピックの開催』と『開催による新型コロナ拡大の懸念』の板挟みになっている」と語る。

「天皇や皇族方、なかでも数少ない皇位継承者たちが万が一感染すれば、皇室の危機、ひいては日本国の象徴としての存在の危機になる可能性もあります。感染を避けるため、陛下はかなり慎重に対応されてきていると思います。現実に新型コロナ感染で入院したり亡くなったりする方も多いです。熱海では土石流の被害もあったばかりです。お祝いムードで行える状況ではないでしょう。

それでも、困難な状況で東京五輪の関係者が尽力しているのも確かです。開催の賛否について国論が二分されている中で、双方に丁寧に対応していこうとされる陛下のご姿勢が見えます」