2021年7月27日開催の東京五輪女子ソフトボール決勝(横浜スタジアム)で日本に敗れ、銀メダルを獲得した米国代表だが、ベンチでのある選手の挙動が注目を集めた。ミネラルウォーターいろはす」のペットボトルを意外な方法で活用していたのだ。

サンバイザーを鉢巻きのように...

日本との決勝戦のさなか、米側ベンチで声援を送る選手の1人が、頭に「いろはす」のペットボトルを巻いている様子が度々中継映像に映った。よく見ると、空になったボトルを潰してサンバイザーと頭の間に挟みこんでいる。

しかも1本ではなく2本、3本と挟んでいるのだ。側頭部からいろはすペットボトルが見えて、まるで「角」が生えているかのようにも見える。

日本で瞬間最高視聴率46%を記録した試合だけに多くの視聴者の記憶に残り、ネット上には「面白すぎる」「思わず二度見したわ」といった反応が。そのほか、

丑の刻参りみたい」
「八つ墓村を連想する」
「どう見ても八つ墓村」

など、楽しみながらもホラーなものを連想した視聴者が少なくなかったようだ。

背番号34番のこの選手の名前はデジャ・ムリポラ選手(23)でポジションは捕手。決勝戦での出番はなかったが、意外な使い方で試合をにぎわせた。

ソフトボール女子米国代表(写真:AP/アフロ)