社会問題となっている「就活セクハラ」という言葉を聞いたことはありますか? 企業の採用担当者等が社会的に優位のある立場を利用して就職活動中の学生に対して性的な冗談やからかい、性的な関係を迫るなど、決して許されない不法行為です

セクハラ
※画像はイメージです(以下同じ)
 厚生労働省の調査によるとインターンシップ就職活動中にセクハラを受けた経験について2017〜19年度に大学や専門学校などを卒業した人に尋ねたところ「4人に1人が被害に遭っている」と報じられています。

 本記事では、ハラスメント専門家の筆者(村嵜要)が、これから新入社員を迎える20代後半の先輩社員の皆さんに向けて、今どきの新入社員の特徴と、セクハラと呼ばれないアドバイスをお伝えします。

最近の「就活セクハラ事件」

 2021年6月、近鉄グループホールディングスの採用担当者が選考中の女子学生をホテルに誘い出し、不適切な行為をしたとして大きく報道されました。その後、採用担当者は「懲戒解雇処分」となっています

 2020年にはNTTドコモの元社員の男性が女性上司と男性上司から「セクハラ」と「パワハラ」をされたとして東京地裁に提訴しました。現在も裁判が続いているようです。

 2017年1月1日より企業に「改正男女雇用機会均等法」という法律で職場におけるセクハラに関する対策は、すでに義務付けられています。それでもセクハラ事件は後をたたないのです。

大学は「就活セクハラ」を警戒

学生 就活

 筆者が代表理事を務める日本ハラスメント協会が2021年6月に公表した「大学に向けたアンケート調査」では、2021年4月から企業に就活ハラスメント対応の義務化について、「賛同するか、賛同しないか」について尋ねたところ、「18女子大含む31大学が賛同」しました。相次ぐ「就活セクハラ事件」のニュースもあり、大学が警戒して「パワハラ防止法の改正」に賛同する積極的な大学もあることがわかりました。

【最近の「新卒社員の特徴」】
・就活セクハラが問題視されている最中に就活を経験した世代
ハラスメントに敏感
ハラスメントに関するリテラシーを持っている
社会人になる前からニュースセクハラ事件を見ているため、被害の認識が出来る
SNSに詳しい

 こういった特徴が挙げられる理由として、セクハラ被害はもともと声が上がりにくく、被害を告発することにより、「セカンドハラスメント」の被害や「不利益な取り扱い」を受けるリスクを考えた時、セクハラをうまくかわすスキルのほうが重要視されてきた時代があったからです

 就活セクハラに関しては実際に被害に遭った当事者以外の人セクハラ事例を見る機会が今までは少なかったことから、自分以外の誰かが被害に遭っている認識がない人も多かったのです。

セクハラ行為をする人に共通する言い訳とは?

 しかし、最近の新卒社員はハラスメントに敏感です。先輩社員の皆さんが、安心して新卒社員を迎えられるように、職場のセクハラとはどのようなものなのか理解しておきましょう。セクハラ行為をする人に共通する言い訳があります。主なものを以下に列挙したいと思います。

セクハラ行為をする人の言い訳の典型】
「冗談のつもりだった」
「信頼関係ができていると思っていた」
「場を盛り上げるため」
「雰囲気を良くするため」
「新卒社員の緊張をほぐすため」
「新卒社員をほめてモチベーションを上げるため」
アイスブレイクのため」

 などが挙げられます。共通するのは「新卒社員のため」と言っていますが、新卒社員が不快になるからセクハラです。逆効果になっていることがわかります

先輩がやってはいけない「セクハラ発言・行為」

セクハラ

 次に先輩の「NGセクハラ発言」と「NGセクハラ行為」を見ていましょう。

【先輩の「NGセクハラ発言」の一例】
「●●ちゃん」など、「ちゃん付け」「あだ名」で呼ぶ
「モテるでしょ」
「彼氏いるの?」「彼女いないの?」
「男なのに」「女なのに」
「顔採用だね」
「美人だね」「イケメンだね」

【先輩の「NGセクハラ行為」の一例】
「肩を揉む」
ハイタッチする」
「ハグをする」
「距離が近い」
「顔を近づける、横並びで歩くとき距離が近い」
「不必要に女性の後ろに立つ」
「足元から頭まで全身を眺める」

 こんなこともセクハラなの? と思うかも知れません。しかし、「ほめる言葉」であっても性的な要素が入ることにより、新卒社員が不快に感じたら、業務の遂行に支障が出てきますので、セクハラに該当するのです。親近感を持つために、「肩を揉む」、業務の成果が出たときに「ハイタッチ」や「ハグ」をやったとしても、それは業務に必ず必要なことではないため、セクハラに該当することを心得ておきましょう。

先輩が覚えておきたい「セクハラ予防策」

 次は先輩が自分の身を守る「セクハラ対策」を見ていきましょう。

 新卒社員のほうからプライベートの話を出してきたときは、会話をフォローする程度の感覚で対応しましょう(直接の会話、メールLINEも同様)。プライベートの話を一切してはいけないのではなく、あくまで対策の1つですので、新卒社員の性格に合わせてプライベートの話をするのは問題ありません。プライベートの話をしなければならない、という空気感は出さないように気をつけましょう。

 ただし、新卒社員のほうからあまりにも度が過ぎる私的な話や性的な会話を持ちかけられた場合で、先輩の就業環境が害されるようであれば、それは「逆セクハラ」となります。会話に乗らず先輩の立場のあなたであっても、上司やハラスメント相談窓口に相談して対処することが必要です。

 他にもセクハラと呼ばれないために気をつけるべきポイントがあります。

【先輩が気をつけるべきポイント
「できるだけ新卒社員と1対1の場面をつくらない」
「密室で新卒社員の方と長時間話をしない」
「先輩のあなたの方から新卒社員に私的、性的な話題を持ち出さない」
「新卒社員の個性を見極めて、臨機応変に会話の量を調整した対応をする」
「常に会話は録音されている」「メールLINEの内容はスクリーンショットで撮られている」という危機意識を持つ

この新卒社員は私的な、性的な話も大丈夫?

セクハラ

 この新卒社員は私的な話や性的な話も大丈夫と理解して、どんどんエスカレートとしていくことはセクハラになる典型的なパターンのため、注意が必要です

 セクハラに限らずパワハラや、ハラスメント全般に言えることですが、職場はそもそも好きな友達同士が集まっているコミュニティではありません。少しドライな対応に感じるかも知れませんが、全体バランスを考えた時、そのような側面も必要な時代になっているのです。

 愛想が良く、たくさん笑ってくれる新卒社員がいても勘違いしないように気をつけましょう。必要以上に新卒社員の機嫌をうかがう必要はないですが、教育や指導をするときは丁寧な言葉遣いを心がけることが大切です。

 新卒社員それぞれの個性に耳を傾け、先輩としてどのようにすればセクハラを防止しながら、彼らが活躍できる職場環境を与えていけるか。本記事がそれを考えるきっかけにしてほしいと思います。

TEXT/日本ハラスメント協会代表理事 村嵜 要>

【村嵜 要】

1983年大阪府出身。ハラスメント専門家。会社員時代にパワハラを受けた経験があり、パワハラ撲滅を目指して2019年2月に「日本ハラスメント協会」を設立。年間50社からパワハラ加害者(行為者)研修の依頼を受け、パワハラ加害者50人を更生に導く。 Twitter:@murasaki_kaname