ビーチハンドボールの欧州選手権で、ノルウェーの女子代表チーム短パンで競技をし罰金を科されたことが、世界中に波紋を広げつつあります。

ノルウェー女子ビーチハンドボール代表 ビキニ着用を拒否の背景

ビーチハンドボールでは、男子に短パンの着用を認める一方、女子は側面の生地の幅が最大10cmまでと定められており、かつ、脚の付け根に向かって切り込んだビキニパンツの着用が求められています。

これに対し、異論を唱えたノルウェー女子代表チームは、同大会に短パンを着用して出場。

事前に短パンで出場することを欧州ハンドボール連盟に許可を求め、規則違反により罰金の対象になると通達を受けた上での決定でした。

なお、ノルウェー女子代表チーム短パンを着用して競技に臨んだ後、日本円で約19万4千円の罰金が科されています。

今回の一件に対し、ノルウェーハンドボール連盟は「2021年に、話題にするべき事柄ですらない」とコメント

また、世界各国からも同様に、今回の罰則や女子にのみビキニ着用が義務付けられているルールに対して、異議を唱える声が多数上がっています。

アメリカの歌手・ピンクがノルウェー女子代表を後押し

そんな中、アメリカの歌手・ピンクTwitterで、ビーチハンドボールの女子のユニフォームは「性差別的」とした上で、ノルウェー女子代表チームエールを送りました。

私は、ノルウェーの女子ビーチハンドボール代表チームが、非常に性差別的なユニフォームルールに抗議したことを誇りに思っています。

欧州ハンドボール連盟こそ、罰金を科されるべきです。選手のみなさん、私が罰金をお支払いします。このまま闘い続けてください。

@Pink ーより引用(和訳)

こうした後押しを受け、ノルウェー女子代表チームInstagramを通して「今回の出来事が、ルールを変える結果につながってほしい」とコメント

ノルウェー女子代表チームの働きは、スポーツ界に大きな一石を投じたはずです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Pink
※写真はイメージ